ダイエット成功のカギは「スマホ連携」にある

IoT機器でトレーニング結果まで記録する

計測したデータはWi-FiやBluetoothでスマートフォンに転送され、グラフで変化をチェックでき、さらに生活改善のためのアドバイスも受けられる(写真提供:Withings)

忙しく生活を送っていると、なかなか日々の健康管理は難しい。とはいえある程度の年齢になってくると、体重の増減や血圧などもこまめにチェックしておく必要がある。

そこで今回は計測した後、いちいちメモすることなくスマートフォンなどに記録できたり、日々の運動を習慣づけられる、IoT健康管理ギアを紹介しよう。

毎日の体重をスマートフォンでしっかり管理

この連載の一覧はこちら

日々の健康管理を行ううえで、基本となるのが体重の変化を把握すること。それも単に体重を計って終わりではなく、変化をとらえることができると、気づいたら太っているというようなゆっくりとした増加を防ぎ、体重を維持したり、減らす方向に向かえるのだ。

スマートフォンと接続できる体組成計もそんなスマート家電のひとつ。フランスのスマートヘルスケア機器メーカーWithingsの「Withings Body」(実勢価格1万3780円)はスタイリッシュなデザインとスマート機能を兼ね備えた体組成計だ。

体重のほか、体脂肪、筋肉量、体水分率、骨量の計測に対応。体組成計に乗るだけで過去8回分の体重をグラフで表示する仕組み。さらに計測したデータはWi-FiやBluetoothでスマートフォンに転送され、グラフで変化をチェックでき、さらに生活改善のためのアドバイスも受けられる。

「Withings Body」実勢価格1万3780円(写真提供:Withings)

アプリに目標体重と期間を設定すると、1日の摂取カロリーの目安が表示される。食事をこのカロリー内に抑えれば自然とダイエットできるというわけだ。また、アプリには毎日の摂取カロリーも記録可能。同社製のアクティビティトラッカー(活動量計)などと組み合わせて使用すると、運動による消費カロリーも記録できる。しっかり運動すれば摂取可能カロリーが増加するため、おいしい食事を楽しむためにも、運動しようという気になる。

次ページ短時間で計測できる「血圧計」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT