ダイエット成功のカギは「スマホ連携」にある

IoT機器でトレーニング結果まで記録する

計測したデータはWi-FiやBluetoothでスマートフォンに転送され、グラフで変化をチェックでき、さらに生活改善のためのアドバイスも受けられる(写真提供:Withings)

忙しく生活を送っていると、なかなか日々の健康管理は難しい。とはいえある程度の年齢になってくると、体重の増減や血圧などもこまめにチェックしておく必要がある。

そこで今回は計測した後、いちいちメモすることなくスマートフォンなどに記録できたり、日々の運動を習慣づけられる、IoT健康管理ギアを紹介しよう。

毎日の体重をスマートフォンでしっかり管理

この連載の一覧はこちら

日々の健康管理を行ううえで、基本となるのが体重の変化を把握すること。それも単に体重を計って終わりではなく、変化をとらえることができると、気づいたら太っているというようなゆっくりとした増加を防ぎ、体重を維持したり、減らす方向に向かえるのだ。

スマートフォンと接続できる体組成計もそんなスマート家電のひとつ。フランスのスマートヘルスケア機器メーカーWithingsの「Withings Body」(実勢価格1万3780円)はスタイリッシュなデザインとスマート機能を兼ね備えた体組成計だ。

体重のほか、体脂肪、筋肉量、体水分率、骨量の計測に対応。体組成計に乗るだけで過去8回分の体重をグラフで表示する仕組み。さらに計測したデータはWi-FiやBluetoothでスマートフォンに転送され、グラフで変化をチェックでき、さらに生活改善のためのアドバイスも受けられる。

「Withings Body」実勢価格1万3780円(写真提供:Withings)

アプリに目標体重と期間を設定すると、1日の摂取カロリーの目安が表示される。食事をこのカロリー内に抑えれば自然とダイエットできるというわけだ。また、アプリには毎日の摂取カロリーも記録可能。同社製のアクティビティトラッカー(活動量計)などと組み合わせて使用すると、運動による消費カロリーも記録できる。しっかり運動すれば摂取可能カロリーが増加するため、おいしい食事を楽しむためにも、運動しようという気になる。

次ページ短時間で計測できる「血圧計」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。