サッカーも人生も「ミス」をするから面白い!

村井チェアマンが語る、Jリーグの今後(下)

それから町おこし。観光や地域の歴史資産、食文化などとスポーツを合わせてイベントを開催するクラブもある。世界の子供たちを招待してサッカー大会を開くケースもある。川崎フロンターレはホームゲームでチラシ配布やプログラム販売などに参加する「就労体験」を実施している。

このように、54クラブが持つ知見を集めて一斉に展開すれば、新たな社会貢献モデルができるのではないか。今はいろいろと研究している最中で、多くのNPOのリーダーがこのオフィスに集まって議論している。もう少し経つと、発表できるものも出てくると思う。

成功する要素は、活動を通じてある程度資金が回ることだろう。54クラブをプラットフォームとして使えるような大きなスケールを描けること。オープンで多くの人が集えること。こうしたアイデアならいろいろできる。これまでの25年は地域密着で裾野を広げてきた。これからの25年は、本当の意味で社会課題を解決していきたい。

サッカーはミスだらけ、だから魅力がある

――村井チェアマンはサッカー選手出身ではなく、リクルートグループでの経験が長い。どんな経験が現在につながっているのか。

人並み外れてサッカーへの思いはあるつもりだが、競技としてちゃんとやっていたのは高校だけで、競技レベルはプロとはまったく違う。ただ、原(博実・副理事長)さんは元日本代表の選手だし、代表チームを率いた強化責任者で監督もやっていた。そういう意味では視界を広く持てる。経験がないことを卑下しなくてもいい。

一貫して人と組織を見続けたキャリアは珍しいかもしれない。新人のときは求人広告を取るために、秋葉原で段ボール一箱1つ分の名刺を集めるくらい飛び込み営業をしていた。ビルのすべての会社に飛び込む「ビル倒し」ですね(笑)。

それから人事部長や人事担当役員をやったり、人材バンクの社長にもなったりもした。海外でヘッドハンティングの会社も経営した。人の意識が前を向けば組織は必ず変わる、ということを30年間見続けてきた。

村井満(むらい・みつる)/1959年埼玉県生まれ。早稲田大学卒業後、日本リクルートセンター(現リクルートホールディングス)入社。同社執行役員、リクルートエージェント(現リクルートキャリア)社長などを歴任。2008年からJリーグ理事を務め、2014年1月に第5代チェアマンに就任(撮影:梅谷秀司)

サッカーは90分戦って0対0で終わることも多い。つまりミスばっかりだ。ミスが多いからこそ、人の心をつかんで放さないのだと思う。「プレゼンで失敗してしまった」とか、自分の人生と重ねて見ることができる。試合を見て「下手くそ! バカヤロー!」とか言ったりして(笑)。

だから、Jリーグでも「Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価) 、Action(改善)ではなく、DとCの間にM(ミス)を入れて、ミスも共有しよう」といつも呼びかけてきた。

2ステージ制を2年でやめたことは批判を受けるかもしれない。組織改革も、デジタルへのチャレンジも、クラブの育成組織を評価する仕組みもそうだ。ミスするかもしれないが、それでもやっていこうと。それがサッカーのやり方だと思う。ようやく、少しずつだがJリーグ全体の意識も変わってきたところだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?