サッカーも人生も「ミス」をするから面白い!

村井チェアマンが語る、Jリーグの今後(下)

――さまざまな支援サービスをクラブに提供する仕組み作りが進行中だ。

米国のメジャーリーグにはMLBアドバンストメディアという会社があり、700人ものエンジニアを雇用している。リーグ主導でデジタル基盤を構築し、クラブに提供している。クラブはこれを活用し、eコマースやチケット販売、動画のアップロードなどを行う。リーグが裏側の仕組みを一手に引き受けているわけだ。

Jリーグも同じような仕組みを作っていきたい。最近は、クラブ側も積極的にダイジェスト動画などをネット配信するようになった。そうした作業はクラブが行うが、基本のプラットフォームはJリーグが提供している。ホームページはそれぞれのクラブの仕様に見えても、裏側では同じ仕組みでeコマースができたり、チケット販売ができたり、というのをやっていく。

4月には楽天と提携。公式グッズの販売などについて協力していく方針だ(撮影:尾形文繁)

われわれには知見がないが、ネットを活用したプロモーションやマーケティングにおいてヤフーと提携(2015年)することで、露出を増やしている。また、4月にはグッズ販売サイトの開設などで楽天と提携した。徐々にピースがそろってきている。

今までは、リーグがクラブを管理する関係性だったが、今後はクラブ単独ではできないものを補完していくことも、リーグの役割だ。経理や法務、さらにはITサービスなど、まだまだサポートできる。こうしたメニューがそろうことで、リーグとクラブが両輪で発展していけるようになる。

「ホームタウン活動」は年間1万7000回

――地域におけるイベント活動などもファンを増やすための重要なポイントになる。現在はどんな活動をしているのか?

選手や監督、社長など、さまざまなスタッフが街に出て学校や介護施設を訪ねたりする「ホームタウン活動」を献身的にやっている。こうした活動は合計で年間1万7000回にも及ぶ。実は、クラブはJリーグに入会するとき「ホームタウンはこの市とこの町です」などと指定することになっている。「地域密着」が仕組みとして担保されているのだ。

Jリーグの理念には「国民の心身の健全な発達への寄与」とある。「国民の」とあるため、幅広く地域に密着した取り組みをすることが決まっている組織なのだ(撮影:梅谷秀司)

具体的に何をやっているかというと、たとえば医療関連のスタッフが介護施設に出向き、健康によい体操やストレッチをお年寄りに教える。転倒によるケガを防止しよう、健康寿命を延ばそう、と一緒にやっている。

クラブにはマッサージ師や鍼灸師、柔道整復師など、選手を支える医療スタッフが大勢いて、地元の健康作りに貢献している。

それをさらに進め、鹿島アントラーズみたいに、スタジアムに「アントラーズ スポーツクリニック」を作って、試合がない日に診療するクラブもある。

次ページサッカーはミスばっかりだ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。