グーグル「アルファ碁」、世界最強棋士に勝利

「碁の神様のようだった」

 5月25日、中国の烏鎮で、米グーグル傘下の人工知能(AI)開発会社ディープマインドが開発した囲碁用のAI「アルファ碁」と、世界最強の棋士とされる中国の柯潔(カ・ケツ)九段との3番勝負の第2局が行われ、アルファ碁が2勝目をあげ、囲碁の頂上決戦を制した。写真はアルファ碁と対戦する柯潔九段。(2017年 ロイター)

[上海 25日 ロイター] - 中国の烏鎮で25日、米グーグル傘下の人工知能(AI)開発会社ディープマインドが開発した囲碁用のAI「アルファ碁」と、世界最強の棋士とされる中国の柯潔(カ・ケツ)九段との3番勝負の第2局が行われ、アルファ碁が2勝目をあげ、囲碁の頂上決戦を制した。

「碁の神様のようだった」

柯九段(19)は対戦後、「昨年、アルファ碁の打ち方は人間に極めて近いと思ったが、きょうの打ち方は碁の神様のようだった」と振り返った。

アルファ碁が昨年行われた韓国の李世ドル(イ・セドル)九段との対戦に続き、世界最強の棋士にも勝利したことは、中国市場への復帰を模索するグーグルに追い風となる。グーグルは2010年に中国の検索エンジン市場から撤退した。

今回の対局は、グーグルの動画共有サイト「ユーチューブ」で中国語と英語でライブ配信され、ディープマインドの幹部はツイッター<TWTR.N>で最新情報を投稿したが、いずれも中国当局にブロックされている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。