フォードがハケットをCEOに抜擢した理由

シリコンバレーと闘うための大決断

ミシガンのグランド・ラピッズに拠点を置くスチールケースのCEOとして、ハケット氏は何千人もを切り捨て、同社を再び改革へと集中させた実績がある。

フォードの取締役でもあったハケット氏は2016年3月、フォード・スマート・モビリティの運営責任者にならないかと持ちかけられた。フォード・スマート・モビリティは自動運転、ライドシェア、その他ベンチャー事業への進出を監督し、指揮することを目的に創設されたユニットだ。

この役割の中で、ハケットはサンフランシスコのライドシェア会社「チャリオット」と、ロボット工学と人工知能に重点を置く自動運転スタートアップ企業「アーゴ AI」への投資を決断した。

デトロイトでのプレッシャー

フォードで起きた動乱は、デトロイトの自動車メーカー3社全社に対するプレッシャーの反映でもある。アメリカの自動車市場が昨年の記録的売り上げから失速する中、損失を避けることができると証明するよう、株式市場からプレッシャーを与えている。

GMのCEO、メアリー・バーラは、同社を分割したいと考えているヘッジファンドのグリーンライト・キャピタルからの攻撃に応戦している。3月にはGMは同社の損失元であったオペルのディビジョンをフランスのPSAグループに売却して事実上、欧州から撤退した。

フォードにとっても欧州は課題だ。今回のCEO交代に併せて、ヨーロッパ・フォードの責任者だったジム・ファーレイがフォードの地域売り上げと世界中でのマーケティング業務、そして同社のラグジュアリーブランド「リンカーン」を包括する新しい「グローバル・マーケット」グループの責任者になると発表した。

まずは人員削減の規模にも注目が集まる。前述のようにフォードは5月17日、北アメリカとアジアで1400人の従業員の雇用を打ち切ることを発表した。これは、いくつかのニュースメディアが報じている2万人の雇用削減計画の一部なのだろうか。

(記者:デイヴィッド・シェパードソン、ジョセフ・ホワイト 追加報告:パリのローレンス・フロスト、フランクフルトのエドワード・タイラー、ロンドンのコスタス・ピタス、ベンガルルのイスマイル・シャキル、ベルリンのアンドレアス・クレーマー 共同編集:ニック・ジーミンスキー著、リサ・フォン・アーン、ビル・リグビー)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング