フォードがハケットをCEOに抜擢した理由

シリコンバレーと闘うための大決断

フォードはマーク・フィールズCEOが退任して自動運転車開発子会社の会長を務めるジェームズ・ハケット氏(左)が後任に就くと発表した。写真右は、ビル・フォード会長。ミシガン州で撮影(写真:ロイター/Rebecca Cook)

【ミシガン州ワシントン/ディアボーン、5月22日(ロイター)】– 2017年5月22日月曜日、アメリカの自動車メーカーの難航する株価と、長年のライバルとシリコンバレーからの脅威と闘う能力について投資者の間に募る不安に応え、フォード・モーターが突然、ジェームズ・ハケット(62)を最高経営責任者(CEO)に任命した。

ファミリーで米国第2位の自動車メーカーを事実上コントロールするビル・フォード・ジュニアは、ハケットに経営判断のスピードを速めるよう望んでいる。しかし、費用を削減するよう望んでいるとは話したものの、どのようにこれまでの運営を変更するべきかについて新しいCEOに対して詳しい指示を与えることはなかった。

「われわれのライバルの時計の速度によれば……われわれはさらに早い決断を下さなければなりません」と、フォード・ジュニアは話した。同件の会見を行った内部関係者によると、フォード・ジュニアは同社の運営にさらに積極的に参画することを予定しているという。

1400人のホワイトカラー労働者を解雇

5月17日、1400人のホワイトカラー労働者を解雇することを公表したフォードは、来る3~6カ月の間にさらに大きな費用削減を行うことを検討しているという。これは同社の役員による話だが、同件はまだ最終確定していないため、誰が話したかについては匿名だ。

今回、CEOに選ばれたのはハケット氏。同氏は方向転換のエキスパートとして知られており、2016年にはフォードの自動運転車とそれに関係するプロジェクト課の開発を先導した。そのハケット氏が、CEOになって3年足らずのマーク・フィールズ(56)にとって代わった。

フィールズの突然の免職はフォード社のほとんどの者を驚かせたが、同社の方針についての懸念が高まってきていたのも事実だ。

次ページ高まっていた懸念とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。