「渡辺」「渡部」「渡邊」「渡邉」の知られざる真実

安倍首相の「アベ」は阿部と一体何が違うのか

さらに、名字といえば気になるのがルーツだが、実は「マイネームSHOW」の前身となった番組では安倍首相の名字のルーツも徹底調査したことがある。

首相が“阿部”ではなく“安倍”な名字に隠された秘密

現・内閣総理大臣、安倍晋三の“あべ”のルーツにはまず1つの疑問が浮かぶ。

“あべ”といえば……阿部寛、阿部サダヲなど、こざとへんの阿に部活の部と書く、「阿部」がメジャーなイメージがある。実際、調べてみると阿部寛の「阿部」は、なんと50万人に迫る全国でもかなりメジャーな名字。それに対し首相の「安倍」は実にその40分の1、1万3000人弱しかいないマイナー派。かなりレアな名字の安倍だが、そのルーツはいったい、どこからきているのか?

その答えを首相自ら語っている貴重な場面があった。2013年7月14日、岩手県で演説したときのこと……。

「もともと、安倍家は1000年さかのぼるんですが、あの安倍貞任(さだとう)、宗任(むねとう)が戦いに敗れて、ずっと西へ下って、その末裔が私になっております」

「安倍」のルーツは? (撮影:尾形 文繁)TBSテレビ「マイネームSHOW」は5月29日(月)よる7時から放送です

首相自らが語っている安倍首相の祖先・安倍貞任とは、
北上川を中心に東北を支配した豪族・安倍氏の棟梁で1051年、源氏と前九年の役という戦をした武将。実際、首相の「安倍」もメジャーな「阿部」も全国で東北にある宮城県にいちばん多く住んでいるという。

しかし、安倍首相の出身地は東北ではなく山口県のはずだが、これはいったい、どういうことなのか? 実は安倍貞任は戦に負け斬首されたが、弟の「宗任」は現在の福岡県に流罪になった。そして、そこから子孫の一部が山口に移動したのだ。

調べてみれば、首相の「安倍」のルーツは東北を支配した武将だった。安倍貞任は180センチメートルを超える巨漢で猪突猛進型の性格だったそう。このように、日本人の名前にはさまざまなナゾが隠されている。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。