「渡辺」「渡部」「渡邊」「渡邉」の知られざる真実

安倍首相の「アベ」は阿部と一体何が違うのか

高信氏がかつて調べたデータによれば、渡辺姓の「ナベの字」は少なくとも38種類あるという。その“ナベ”の字は一般的な「しんにょう」と点が2つの「にてんしんにょう」や、つくりの上の部分が「白の字」と棒が1本多い「自分の自」、さらに、その「自」の横棒が繋がっていたり、離れていたりと違いがマニアックなものばかり。

その多くなった理由には諸説あるが、主に明治時代、渡辺家の本家と分家を識別しやすくするために“ナベ”の字を変えていった説が有力だという。ちなみに、渡辺はおよそ109万人、渡部(※わたべ含む)はおよそ18万2000人、渡邊はおよそ3万3000人、渡邉はおよそ2000人の割合だ。

高信氏いわく“ナベの字”の種類が増えたのには衝撃の理由もあった。実は、昭和40年頃まで戸籍は手書きで登録。そのため、複雑な字形の「ナベの字」は申請した側と戸籍担当者との間で記入ミスが起きやすく、微妙な間違いがそのまま登録されたことも“ナベの字”が増えた理由だとか。

これって常識!? 渡辺さんは節分に豆まきをしない

そして、取材班が「渡辺」姓のナゾを調査していると、驚きの情報をキャッチ。それは、日本の“ある伝統行事”をしないというもの。その行事とは「渡辺さんは節分のときに豆まきをしない」というものだ。

節分の豆まきは日本人にはなじみ深い行事であり、豆をまかないと鬼も邪気もはらえず、無病息災の願いもかなわないはずだが、いったい、これはどういうことなのか?

時は平安時代。京の都で鬼の大物・酒呑童子(しゅてんどうじ)が多くの鬼を従えて暴れまわっていた。その討伐をまかされたのが日本初の渡辺さん「渡辺綱(わたなべのつな)」。彼は鬼と戦い見事、討伐に成功。この一件から鬼たちは渡辺姓を恐れるようになった。それ以来、代々渡辺さんの元には鬼が怖がって近寄らなくなり、邪気ばらいの豆まきも必要なくなったという。

渡辺さんは節分の豆まきをしない? TBSテレビ「マイネームSHOW」は5月29日(月)よる7時から放送です

実際、渡辺姓の有志が集まって結成された「全国渡辺会」の副会長・渡辺華靖氏も「先祖代々1000年以上、豆まきをしたことがない」という。

「渡辺さんは節分に豆まきをしない」。この衝撃の事実を一般の渡辺さんに伝えてみると……「えー! 豆まきしたほうが楽しいのに!」「1年に1度のイベントだし、やりたい!」。意外にもみなさん、鬼が怖がっていることもお構いなし、豆まきをしたいというのが渡辺さんの多数派でした。

次ページ“安倍”首相が“阿部”ではなく、“安倍”の秘密とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。