進まない日本のIoTには「価格破壊」が必要だ

通信ベンチャー・ソラコムが値下げで攻勢

なぜ大幅値下げに踏み切れたのか。その秘訣は「SIMの逆輸入」にある。ソラコムはNTTドコモが発行したSIMを借り受けて、2015年9月に国内で事業を開始した。

このため、国内ではドコモにSIMの発行費を払ってきた。現行の月額300円という料金には、このコストが上乗せされている。

ソラコムはベンチャーキャピタルを中心に資金調達を重ね、37億円の資本金というベンチャーらしからぬ厚い資本力を備えた。これを背景として、昨年7月、複数の通信会社と契約し、海外向けにサービスを開始。世界120カ国で通信できるようにした。

5月には日本でも海外のSIMを使ったサービスを開始。発行費を払う必要がなく、運営効率化や料金体系の工夫で、安い料金を実現できたという。

元アマゾンの創業社長

玉川社長は米アマゾン傘下のクラウド会社アマゾン ウェブ サービス(AWS)の日本事業の立ち上げを主導した人物として知られている。

当記事は「週刊東洋経済」5月27日号<5月22日発売>からの転載記事です

「最新技術を手の届きやすい価格にし、ビジネスを始めたい人なら誰でも参加できる『民主主義モデル』にしたことがAWSの伸びた要因だ。ソラコムもAWSのようなモデルを実行したい」(玉川社長)

今回の大幅値下げによってIoTの裾野を広げることができるか。「世界で成功する可能性のある数少ない日本発ベンチャー」として注目を集めてきたソラコム。その真価がいよいよ試される。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。