トランプ大統領、「弾劾は全くばかげている」

FBIへの圧力やロシアとの共謀を全否定

5月18日、トランプ米大統領は、ロシア疑惑を巡る捜査に特別検察官が設置されたことを受けて、米国史上「最大の魔女狩り」と批判した。写真は17日、ワシントンで撮影(2017年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米大統領は18日の記者会見で、2016年の大統領選挙キャンペーン中にロシアと共謀したとの疑惑やコミー前連邦捜査局(FBI)長官にフリン前大統領補佐官の捜査を中止するよう圧力をかけたとの報道について、全面的に否定した。

会見では、今月9日に解任したコミー氏に対し、フリン氏の捜査を止めさせるべく「何らかの形で少しでも」働き掛けを行ったかと記者団が質問。大統領は「ノー、ノー」と答え、次の質問を促した。

弾劾を求める動きが出ていることについては、ツイートやその後の記者会見で、「全くばかげている」と表現。刑事責任を追及されるようなことは何もしていないと強調した。

また、「すべてのことが魔女狩りであり、私や私の陣営に(ロシアとの)共謀の事実はない。だが、私自身、いつでもロシア人と話すことは可能だ」と述べた。

ロシアとトランプ陣営の癒着の疑いが深まる中、米司法省は前日、議会からの圧力を受けてモラー元連邦捜査局(FBI)長官を特別検察官に任命。トランプ大統領はその後、「徹底調査により、私の陣営といかなる外国との間にも共謀がなかったとの既知の事実を確認することになる」と、歓迎する声明を発表していた。

「米国史上最大の魔女狩り」

だが大統領は翌朝のツイッターでの投稿で「クリントン元国務長官の陣営やオバマ前政権で違法な行為が行われたにもかかわらず、特別検察官は任命されたなかった!」とし、不満をあらわにする一方で、検察官「counsel」の綴りを「councel」と間違えた。

その上で「これは米国史上、最大の魔女狩りだ!」と批判した。

トランプ米大統領は前日にも、米国沿岸警備隊士官学校の卒業式での演説で、「私ほどひどく、不公平な扱いを受けた政治家は歴史上いない」などとして、メディア批判を展開していた。

次ページモラー氏の特別検察官任命は「非常にネガティブ」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT