秋篠宮家の眞子さま、大学の同級生と婚約へ

2010年度の「湘南江の島 海の王子」

 5月17日、共同通信などの国内メディア報道によると、秋篠宮家の長女眞子さま(25)が大学時代の同級生、小室圭さん(25)と婚約されることが明らかとなった。写真は今年1月、新年一般参賀の際に皇居のベランダに立たれた眞子さまと佳子さま(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[17日 ロイター] - 共同通信などの国内メディア報道によると、秋篠宮家の長女眞子さま(25)が大学時代の同級生、小室圭さん(25)と婚約されることが17日までに明らかとなった。

今回の婚約報道について、都内の法律事務所で法律事務職に携わっているという小室さんは17日、「時期が参りましたら、改めてお話しする」と勤務先のビルで記者団に語った。また、自宅を出発前に眞子さまから電話で「行ってらっしゃい」との会話があったことを明らかにした。

眞子さまが婚約すれば、天皇陛下の4人の孫の中でも初めてとなる。NHKは、関係者の言葉として、結婚の時期は来年が想定されていると報じている。

NHKによれば、横浜市在住の小室さんは国際基督教大(ICU)時代、2010年度の「湘南江の島 海の王子」として観光キャンペーンで活躍していたという。

宮内庁の広報担当者は「この件に関し、宮内庁として発表していることはない」とコメント。いつ発表できるかは未定と語った。

婚約報道を受け、東京株式市場では17日、ワタベウェディング<4696.T>、テイクアンドギヴ・ニーズ<4331.T>、帝国ホテル<9708.T>などが買い先行。ブライダル関連株として注目されている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT