マクロン仏大統領の就任式スーツは5.6万円

夫人の「ルイ・ヴィトン」はリース

 5月14日、フランスのマクロン新大統領が就任式で着用したスーツが、450ユーロ(約5.6万円)だったと大統領のスタッフが明らかにした。また、ブリジット夫人が着用したラベンダー色の「ルイ・ヴィトン」の衣装が同社からのリースだったことも公表された。代表撮影(2017年 ロイター/Patrick Kovarik)

[パリ 14日 ロイター] - フランスのマクロン新大統領が14日の就任式で着用したスーツが、450ユーロ(約5.6万円)だったと大統領のスタッフが明らかにした。また、ブリジット夫人が着用したラベンダー色の「ルイ・ヴィトン」の衣装が同社からのリースだったことも公表された。

選挙戦では、対立候補だったフィヨン元首相が1万3000ユーロ(約162万円)相当のスーツを富裕な実業家から贈られるなど、金銭面でのスキャンダルが問題となった。

こうしたスキャンダルに飽き飽きした有権者が大統領に「誠実さ」を望むことが世論調査で示されるなか、マクロン氏は服装選びでも、歴代の前任者とは違う、とのメッセージを発したとみられている。

2007─12年に大統領を務めたサルコジ氏は派手なライフスタイルで知られ、オランド前大統領は毎月1万ユーロをヘアメイク担当者に支払っていたことでひんしゅくを買っていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT