主婦をメロメロにした「卵のCM」誕生の舞台裏

4月後期「CM好感度ランキング」注目作はコレ

【11~30位】

缶コーヒーはこのゾーンでしのぎを削る。12位の「ジョージア」は山田孝之がさまざまな職業人に扮するシリーズが好調で4年目を迎えた。今回は営業マン役で、偶然ベンチの隣に座ったとび職役の新井浩文と、心の中でお互いの仕事をねぎらい合うという内容。15位の「ボス」は10年目を超えるロングランの「宇宙人ジョーンズ」シリーズを展開。18位の「ワンダ」には、北野武が演じるハイテンションな部長と、部下役の劇団ひとりと澤部佑が朝の会社での1kコマを描いている。

14位はRIZAP「ライザップ」。これまでにも一般の体験者のほか、赤井英和、生島ヒロシ、森永卓郎などの有名人が驚きのビフォーアフターで肉体を披露してきたが、今回はエド・はるみが登場。見事なプロポーションで結果にコミットしてみせた。

異彩を放つのは、29位にランクインした赤城乳業の「ソフ」。氷菓の「ガリガリ君」を販売する赤城乳業は、思わず視聴者の目をくぎ付けにする怪しげなクリエーティブで、少ない放送回数ながら強い印象を残すCMが多い。

「ソフ」はソフトクリームの上だけをカップに入れた新商品。1990年代に流行った「う・ふ・ふ・ふ」の替え歌に合わせて、口ひげをはやして頭頂部のはげ上がったおじさんが、ミニスカート姿でくねくねと踊りながらニヤリと笑う。好感を示したモニターからは、「気持ち悪いが、気になる」との意見が多く、「くせになりそうなCM」との声も聞かれた。おじさんの顔と若い女性の体というあまりのギャップに、期間中の放送回数はわずか19回ながら、TOP30入りを果たした。

次ページランキング1~30位を一挙公開!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT