「地雷ファンド」を避けるにはどうするのか

イデコを使って着実におカネを増やす方法

手数料にこだわる話をしたすぐ後に、控除率が馬券代の約25%に及ぶ(馬券の種類によって微妙に異なる)競馬の予想を書くことに、少々違和感を感じなくもないが、「運用」はおカネを儲けることが目的だから特に他人へのアドバイスに当たっては無駄な手数料支払いを徹底的に嫌うべきだが、想定の範囲内の「競馬の損」は自分にとって「教養・娯楽費」の一部だとして、筆者は整理している。

キタサンブラック有利、対抗はディーマジェスティで

さて、今週末は、「春天(はるてん)」こと春の天皇賞だ。3200メートルという長距離は現代競馬向きではないが、天気予報では、週末までに雨は無さそうなので、高速馬場での決戦になりそうだ。

昨年の有馬記念に続き、サトノダイヤモンドとキタサンブラックの現役最強馬決定戦「第2弾」が期待されるが、初の同斤量(58キログラム)での対決となるし、58キログラムはサトノダイヤモンドにとって初斤量でもあり、セオリー的にはキタサンブラックが有利と見るべきだろう。枠順もキタサンが3番、サトノが15番とキタサンが有利だ。

キタサンブラックは先行力とゴール前のしぶとさが持ち味なので、サトノダイヤモンドは早めに馬体を併せに行くことになるだろう。もちろん、2強での決着が十分ありえるが、末脚勝負の差し馬にチャンスがあるのではないか。差し馬の中で、前走の存外の負けぶりで人気を落としそうなディーマジェスティを対抗に狙ってみたい。高速決着で、昨年の皐月賞で見せた1級品の切れ味が生きるのではないだろうか。もちろん、サトノダイヤモンドも3番手以下には落とせない。

押さえには、長距離戦なので騎手の腕に期待して、横山典弘騎手のゴールドアクター、M・デムーロ騎手のレインボーラインを採る。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT