窮地の東芝、監査法人の変更は本当に可能か

上場維持に向けた弥縫策はもはや限界

東芝と監査法人の溝は埋まらないまま。上場廃止がいよいよ現実味を帯びてきた(撮影:今井康一)

東芝が監査法人の変更を検討している。「このままではデッドロック(行き詰まり)だ」。ある東芝幹部はそう危機感を募らせる。

東芝が上場維持に向け、文字どおり正念場を迎えている。当面のハードルは監査法人との関係だ。東芝は不正会計問題を受けて、2016年に監査法人を新日本監査法人からPwCあらた監査法人に変更した。しかし、2016年末に発覚した米国原子力事業での巨額損失をきっかけに、PwCとの関係が悪化している。

適正意見なしで決算を強行

過去の決算で当該損失を認識すべきだったのでは、という疑念を捨てきれないPwCは2016年4~12月期決算に対し、「結論不表明(意見不表明)」という判断を下した。

それに対し東芝側は、「損失を認識すべき証拠は認められなかった」(大手監査法人トーマツの元代表で、東芝の監査委員会委員長を務める佐藤良二社外取締役)「自信がある数字。今までも調べて何も会計に影響するようなものは出てこなかった」(綱川智社長)と適正意見なしでの決算発表を強行した。

冒頭の東芝幹部の言葉からは、その後も両者の溝が埋まらないまま2017年3月期本決算でも「適正意見」を得る見通しが立たないことが伺える。頑固なPwCに見切りをつけて、他の監査法人を頼るという考えが浮上しているのだ。

ただし、それが打開策になるかはわからない。

東芝のような大企業を監査できるのは、通常は監査法人の大手4社とされる。が、端から新日本、PwCはなく、トーマツは佐藤委員長の出身母体、あずさも過去に東芝との取引があり、引き受けにくい。

次ページ候補として名前の挙がるのは・・
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。