目標年10万!富女子でなくてもできる節税術

今やれば10年後の人生にジワジワ効いてくる

そこで、まずAさんには、節税しながら将来のおカネを準備できる「個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)」を提案しました。加えて、A子さんはまったく保険に加入していなかったのですが(必ずしも問題ではありません)、「がんになりやすい家系」だというので、「がん保険」への加入もお勧めしました。また、不動産投資を活用した節税術もあるのですが、A子さんは「投資に積極的にはなれない」ということでしたので、今回のご提案では見送りとなりました。

ということで、個人型確定拠出年金(iDeCo)で運用する商品は、定期預金に50%、国内債券25%、先進国債券25%とし、「堅実な運用」でスタートすることにしました。

毎月2万3000円のiDeCoで、年8万2000円の節税に!

では、A子さんがiDeCoを使って、どれくらい節税できたのかを見てみましょう。

まず、A子さんは、企業年金も「企業型DC(確定拠出年金)」もない会社員なので、個人型確定拠出年金(iDeCo)を使えます。その場合、毎月2万3000円(年間では27万6000円)分、加入することができます。そこで、A子さんは限度額いっぱいの毎月2万3000円を掛けることにしました。iDeCoは所得控除の中の「小規模企業共済等掛金控除」が適用になるので、掛金が全額所得控除になるのです。

まず、税金の根拠となる、課税所得はいくらでしょうか。A子さん年収を1000万円とすると、計算はこうなります。ぜひイメージをつかんでください。

<計算根拠>
1000万円(年収) - 220万円(給与所得控除)- 38万円(基礎控除)- 122万円(社会保険料控除)= 620万円。課税所得は620万円です。

(※1 1万円未満四捨五入、※2 東京都の料率にて計算。ボーナス2回、それぞれ2カ月分という前提)

さて、節税金額はいくらになったでしょうか。課税所得が620万円だと
該当する所得税率は20%です。また、実はiDeCoの掛金は、住民税(所得に関係なく一律10%)の減額にも役立つのです。

所得税 27万6000円 × 20% = 5万5200円

住民税 27万6000円 × 10% = 2万7600円

ということで、所得税、住民税合わせて年間8万2800円の節税になります。定期預金や安全な債券で運用するだけで、これだけの節税になりました。

次ページ必要不可欠な保険に入り、年9万円強の節税に
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT