「卵子凍結」を考える女性の知られざる実情

20歳から45歳の女性たち385人を調査

「人生何が起きるかわからない。現在、2歳の娘がいるが、20歳ぐらいになったら卵子の凍結をさせたい(費用は親持ち)。早く結婚すればいいが、20代で結婚相手が見つからないかもしれないし(いい相手がいないのに無理して結婚する必要もないと思う)、早く結婚したとしてもすぐ子どもを授かるとは限らない。現に私がそうで、結婚したのは25歳の時だったが出産したのは41歳。凍結した卵子が不要になるのならそれで構わない。保険のため。(44歳・職業、居住地の記載なし)」

卵子凍結保存をするうえで不安に思うことも

ただ、卵子を凍結しておけば大丈夫という安易なものではないということは考えておく必要がある。今回のアンケートで「卵子の凍結を希望するか」という質問に「いいえ」と回答した女性の多くは、凍結に対する技術や高齢で出産することへの不安を訴えていた。

「私は低収入層にあたるので、助成金制度があることはありがたいですが、まだ保険対象外の医療ですし、卵子凍結の技術自体まだ新しく、必ず受精する保証もないので(卵子凍結を希望するかという問いには)『いいえ』です。(中略)受精しないかもしれない、子どもが欲しい時に自分の体が悪くなっているかもしれない、卵子凍結した医療機関がなくなるかもしれない等の予測不可能なリスクを考えてまで『自分の遺伝子』を残す事が理解しにくいです。望んだ結果にならなかった場合は後悔してしまうのではないかと思います(31歳・その他・北海道)」
「採卵などの処置に怖いと思う気持ちがある(痛い、リスク)。そこに、まだ大丈夫ではないかという思いが重なり、行動には至らない。逆に言うと、簡単にできるのであれば、おカネがかかっても残しておきたい(28歳・非正規会社員・千葉県)」
「凍結卵子で妊娠できる確率は高齢で望んだ時、すごく低い為、無駄のような気がするし、妊娠できたとしてお産してからのことも考えると無謀だと考えるため(29歳・会社員・長崎県)」

 

卵子が若くても、着床する母体の年齢が高齢であればリスクがあるのは当然だ。20代の時の卵子があるほうがいいのは事実だが、成功率は100%ではないうえ、それが過信につながることは避けなくてはならない。

また、凍結したとして、それを保存し続ける費用は毎年かかる。浦安市の助成も最初3年間のみと決められている。使用する機会のないまま10年や15年が経ち、経済的負担になってしまうケースもあるかもしれない。

先月実施したアンケートでは、未受精卵子凍結、採卵や凍結技術に対する不安・心配の声も数多く寄せられていた。この連載を読んで内容はわかったけれど、採卵の痛みはどれくらいなのか、凍結した卵子を使うことによるリスクはないのかなど、まだまだ疑問の声は尽きない。

実際のところはどうなのか。次回の記事では、実際に卵子凍結保存を経験した女性と、専門医からの回答をお伝えしたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。