定年後は月8万円稼ぐことができれば十分だ

「退職時に3000万円必要」は本当か

さらにこのハードルをもっと下げる方法があります。それは保険の見直しです。

保険の見直しなどでさらに老後の暮らしが楽になる

『定年男子 定年女子 45歳から始める「金持ち老後」入門!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

日本人が年間に払っている生命保険料の平均額は年間38万5000円(生命保険文化センター 平成27年度 「生命保険に関する全国実態調査」)だといいますから、月額にすれば3万円以上の保険料を払っています。

これを見直すことで必要な金額を8万円よりもさらに少なくすることができます。また現役時代には、毎日ランチや喫茶店で1日1000円ぐらいのおカネを使っていたかもしれません。

それらがなくなればこれも月に2万円程度は減らせます。こうして考えていくと、それほど高い収入を期待しなくても働いて月に数万円程度の収入を得ることは、思っているよりはそれほど難しくないし、それによって、老後の暮らしはぐっと安定してくるのです。

毎月の家計で足らない分を働いて得ることができれば、退職金には手を付けず残すことができます。将来、健康が悪化して介護の必要が出てきたり、有料老人ホームに入ったりすることを考えると、できるだけキャッシュは取り崩さずに、おいておいたほうが良いことは明らかです。

それに加えて、無理をせずに、のんびりと働くことができれば、おカネのことのみならず、健康や精神面でも良い影響が出てきます。退職時に何千万円持っていても運用に失敗してなくしてしまえば、元も子もありません。しかも、資産運用はいくら勉強しても最終的にうまくいくかどうかは不確実なものです。不安定な運用に老後を委ねるよりも、安定して働けることに向けて準備をしたほうが良いのではないでしょうか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT