スー・チー氏に少数民族虐殺の責任はあるか

国際的批判は軍部の責任を覆い隠す

開発援助の縮減は、スー・チー氏に対する批判者の一部が提案しているが、軍部を利するだけだろう。長きにわたって無視され、侵害され続けてきた人権や法の支配が、一夜にして尊重されることはない。

シンクタンクの国際危機グループによると、ラカイン情勢はロヒンギャの武装集団が国境警備隊の前哨基地を襲撃した昨年10月が、「危険な転換」の時期となった。武装集団は海外から武器や資金を得て急進化していた。国連調査で迫害が終結するわけではない。むしろ紛争が過熱するおそれすらある。だからこそ、国際社会は長期的戦略に基づいた支援を後押しする必要がある。

紛争終結に向けて最大の力を持っているのが、ミャンマー政府軍だ。軍部はラカイン州の武装蜂起が過激化するのを、自らの監視下にありながら許した。非難されるべきは事態沈静化に動かない軍部である。

フライン総司令官がすべきこと

和平実現への道のりは長く、痛みを伴う。ラカイン州は半世紀以上にわたって、安定や繁栄といったものを経験したことがない。何十年にも及ぶ植民地支配、軍政、民族紛争、そして内戦を経て、同州は分裂し、極貧状態に置かれている。

暗黒の歴史には、第2次世界大戦下の日本占領も含まれる。1942年のアラカン(現ラカイン州)大虐殺を引き起こしたからだ。日本軍により武装化したラカイン人仏教徒と、英国軍により武装化したイスラム教徒(現ロヒンギャ)が血で血を争う宗教紛争を繰り広げた。現在は、北アラカン在住のイスラム教徒がパキスタンへの併合を要求し、ベンガル系移民ムジャヒッドが自治権確立を目指しており、分離独立を掲げる仏教徒過激派の活動が先鋭化している。

仲裁を始められる力を有するのは、軍部トップのフライン総司令官だけだ。フライン氏はスー・チー氏に対する批判でなく、協調を求める声に耳を傾けるべきだ。それ以外に和平への道はないのだから。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT