復調シャープに、まだまだ続く試練

高橋新社長、4~6月期決算会見で実状語る

――(戦略製品である)IGZO(酸化物半導体)方式の液晶パネルをノートパソコンにも搭載し始めている。IGZOの普及はどの程度まで進んでいるのか。他社製の携帯電話にも供給する可能性は?

高橋社長 テレビ向けも含めたすべての液晶パネルのうち、IGZOが占める割合は現在10%だ。他社に供給するかについては、個別取引の話になるので申し上げられない。

新しいシャープを感じている

――ガバナンスや社内風土について教えてほしい。高橋さんは6月末に社長に就任し、「創業精神以外はすべて変える覚悟だ」という話をされた。実際、役員OBの部屋をなくしたという報道もある。社内のガバナンス、風土をどう変えたという認識か。

高橋社長 株主総会の時にお話ししたとおり、OBの人たちに対しては、経営面のタッチはもちろん、出社についても一般のOBの人たちと同じようにしている。経営責任については、今の現役の経営陣全員がしっかりやるということだ。

(社内風土改革については)役員から一般社員にいたるまで、いろんな研修をしている。中には自発的な活動も出ている。社内では部門横断的に、いろんな議論が起こり始めている。就任してまだ3カ月にならないが、私は手応えを感じている。 

――高橋さんは社長就任の際に、「新生シャープにする」と宣言した。改めて新生シャープとは何なのか教えてほしい。

高橋社長 今第1四半期の数字が新生シャープとは思っていない。しかし、従業員の振る舞い、自発的な動き、研修などで、私は新しいシャープを感じている。従業員が自分で考え、問題点を発掘し、チャレンジして、成果を出していく。こういう動きがもっと出れば、会社として前に進んでいく。そう私は信じている。何%まで行ったかというと答えようがないが、私はシャープが変わりつつあると信じている。

(撮影:梅谷 秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。