シリア・アレッポ、爆弾攻撃の死者126人に

住民移送バスに車を使った自爆攻撃

 4月16日、シリア内戦の激戦地である北部アレッポ郊外で15日、住民らを乗せたバスの車列に対する爆弾攻撃があった。うち60人以上は子どもだという(2017年 ロイター/Ammar Abdullah)

[ベイルート 16日 ロイター] - シリア内戦の激戦地である北部アレッポ郊外で15日、住民らを乗せたバスの車列に対する爆弾攻撃があった。在英「シリア人権監視団」は16日、爆発による死者が少なくとも126人になったと発表した。うち60人以上は子どもだという。

バスには、反体制派の支配地域から政権側の支配地域まで避難しようとする住民らが乗っていた。同監視団によると、死者数は増える可能性があるという。

犯行声明は今のところ出ていないが、政権側のメディアは、車を使った自爆攻撃と報じた。

ローマ法王フランシスコは16日、イースター(復活祭)のメッセージで、この襲撃を「恥ずべき」と非難した。

関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。