米軍の「最強爆弾」投下でIS戦闘員36人死亡

攻撃拠点として使っていた施設のみ破壊

 4月13日、米軍がアフガニスタン東部で過激派組織「イスラム国(IS)」が潜伏するトンネル施設を標的に「大規模爆風爆弾(MOAB)」を投下したことを受けて、アフガニスタン国防省のワジリ報道官は14日、この攻撃でISの戦闘員とみられる36人が死亡したと発表した。写真はMOAB。エルギン空軍基地で撮影。提供写真(2017年 ロイター)

[カブール 14日 ロイター] - 米軍が13日にアフガニスタン東部で過激派組織「イスラム国(IS)」が潜伏するトンネル施設を標的に「大規模爆風爆弾(MOAB)」を投下したことを受けて、アフガニスタン国防省のワジリ報道官は14日、この攻撃でISの戦闘員とみられる36人が死亡したと発表した。

報道官の声明によると、民間人の被害はなく、ISが他地域への攻撃拠点として使っていた「施設のみが破壊」されたという。

MOABは「全ての爆弾の母」と呼ばれ、衛星利用測位システム(GPS)で攻撃目標に誘導する。非核爆弾の中では最強の破壊力を持つとされる。2003年の実験以来、米軍が実戦で使用したのは今回が初めて。実験時には、20マイル(32キロ)離れた場所からきのこ雲が確認された。

米国防総省の報道官が13日に語ったところによると、MOABは重さ2万1600ポンド(9797キログラム)。爆弾はパキスタンとの国境に近い東部ナンガルハル州アチン地区にMC130特殊作戦機から投下された。

アフガニスタンのカルザイ元大統領は、同国内でMOABが使われたことを強く非難。ツイッターに「これはテロとの戦争ではない。新しい危険な兵器の実験の場として、わが国を悪用した非人間的で最も残酷な行為だ」と投稿した。

一方、アフガニスタンのガニ大統領官邸は声明で、攻撃が同国軍と駐留国際部隊の合同作戦の一環として行われたと説明し、「アフガン軍と国際部隊は今回の作戦で緊密に協力し、民間人の犠牲を防ぐため、細心の注意を払った」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT