グランクラスより儲かった国鉄の「特別座席」

1カ月ちょっとで元が取れた「パーラーカー」

パーラーカーの図面。図の右側が区分室、左側が開放室である(国鉄制作のパンフレットより 所蔵:山口雅人)

3つの案について、適宜引用を交えて紹介しよう。

第1案は「こだま」「つばめ」「はと」とも同一の12両編成とし、なおかつパーラーカーを連結しないというもの。編成は二等車が4両、三等車が7両(うち1両は1両の半分がビュフェ)、食堂車が1両である。それまで三等車であった2両の先頭車のうち、1両を通常の構造の二等車としたが、この程度であれば東海道新幹線の開業後、ほかの路線へ転用する際にもそれほど大きな問題は生じない。

この案で追加で製造される車両の数は47両。製造費は12億5000万円(現在の貨幣価値に換算して約71億3000万円)と見込まれたから、1両当たりの製造費は2660万円(同約1億5200万円)となる。総勢71両となる151系はうち48両が営業に使用され、23両が予備として待機するという運用を組む。

「こだま」「つばめ」を共通化するか

第2案は「こだま」「つばめ」「はと」とも同一の12両編成とし、なおかつパーラーカーを連結するというもの。編成はパーラーカー1両、二等車が4両、三等車が6両(うち1両は1両の半分がビュフェ)、食堂車が1両である。

この案では、追加で製造される車両の数は48両。製造費は12億9000万円(現在の貨幣価値に換算して約73億6000万円)、1両当たりの製造費は2690万円(同1億5300万円)だ。151系は総勢72両となり、うち48両が営業に使用され、24両が予備として待機する運用を組む。

第3案は「こだま」と「つばめ」「はと」とを異なる編成とするもの。「こだま」は現在の三等車が10両(うち2両は1両の半分がビュフェ)、2両が二等車で、「つばめ」「はと」の編成は第2案と同じである。

この案で追加で製造される車両の数は60両。製造費は15億8000万円(現在の貨幣価値に換算して約90億1000万円)、1両当たりの製造費は2630万円(同約1億5000万円)となる。総勢84両となる151系はうち48両が営業に使用され、36両が予備として待機するという運用を組む。

次ページ151系は「もう十分稼いでいる」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT