JRマーク作成の舞台裏、「NR」も候補だった

Jリーグ、JTなどJRが先鞭つけた「J」の系譜

「6本線」まであった国鉄新会社のデザイン案。いずれもデザイナーの山本洋司氏の手による

旅客6社、貨物などから成るJRグループは、国鉄が分割民営化されたことで発足した。「JR」のロゴマークが各社の知名度アップに大きく貢献したことに異論をはさむ余地はないだろう。

1986年11月28日、国鉄分割民営化法案が参院本会議で可決・成立したその日に、ロゴマークをはじめとした一連のCI(コーポレートアイデンティティ)デザインが日本デザインセンター(NDC)に発注された。

「Jリーグ」はなかったかも

分割民営化後、国鉄は複数のバラバラの会社となる。本来であれば各新会社のロゴマークは新会社の経営者が決めるものだ。しかし、「バラバラになるといっても、1つくらいは同じものがあってもいいのではないか」。国鉄職員たちのそんな思いから、CIは一括して作成することになったという。

民営化後の呼称は「JRグループ」という方向で決まっていた。しかしマークについてはJRとNR(Nippon Railway)、2つの案があった。JRより一足早く1985年4月にNTT(日本電信電話)が発足している。まだ「J」が今日のようにメジャーではない時代だ。JとN、どちらに決まってもおかしくはなかった。もしマークがNRになっていたら、その後のJリーグ(日本プロサッカーリーグ)、JT(日本たばこ産業)、JA(農協)、JP(日本郵政)といった「J」の大流行はなかったかもしれない。

「JかNか、マークのデザインの良しあしでグループの総称自体が変わる。がぜん張り切りましたね」。当時、NDCでJRマークをデザインした山本洋司氏がこう振り返る。11月28日からJRがスタートを切る1987年4月1日まで124日間。山本氏の寝る暇のない日々が続いた。

次ページ6本線の案もあった
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT