あなたはシリコンバレー基準で戦えますか?

ライフネット生命保険岩瀬大輔社長と語る(上)

これからグローバル時代に生きるために

岩瀬大輔(いわせ・だいすけ)
ライフネット生命保険副社長 1976年埼玉県生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。98年卒業後、ボストン コンサルティング グループに入社。2006年、米ハーバード経営大学院(HBS)を日本人4人目のベイカー・スカラー(成績上位5%表彰)として修了。帰国後、ライフネット生命保険設立に参画。09年より現職。10年、世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」に選出。内閣府IT戦略本部専門調査会委員。主な著書に『ハーバードMBA留学記 資本主義の士官学校にて』『生命保険のカラクリ』『ネットで生保を売ろう!』『入社1年目の教科書』『入社10年目の羅針盤』などがある

岩瀬:伊佐山さんは1カ月に1度程度、日本に戻ってきていて、日本の起業家とも親交が深いと思いますが、今、注目している起業家はいますか。

伊佐山:日本にいながら発想も大きく、世界を見ていて、フットワークも軽いという観点で、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの孫泰蔵会長ですね。もちろん「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」というヒットがあることはもちろんですが、日本の国内マーケットだけでも食べていけるのに、それでは面白くないと世界に出て行っている。海外に住んでいるわけではないのに海外のカンファレンスなどでよく会いますし、留学経験がないにもかかわらず、流暢な英語で話をしている。

さらに、スタートアップ企業支援を専門とするベンチャーキャピタルのモビーダジャパンを創業するなど、ベンチャーシーンを盛り上げることへの問題意識が高い。ソフトバンクの孫正義社長という“偉大な兄”がいる一方で、僕はそれと同じくらい大きいことをやっていると思います。

一方で、なぜ、若手起業家がぱっと思い浮かばないかというと、世界で起きていることを知らなすぎると感じるからです。日本の起業家イベントにいる人たちは日本のベンチャーシーンには詳しいけれど、グローバルで何が起きているかは知らない。たとえば、ビジネスプランコンテストなどを見ていても、「すごい画期的です」というビジネスモデルが、世界を見渡せば、100社近くあったりする。要するに最初から日本しか視野に入っていないし、情報武装の時点で弱い。

僕や岩瀬さんは当たり前のように英語のメディアも見ているし、海外の知り合いと話をする中で、世界で何が起きているかをマクロな視点でも、ベンチャーシーンというミクロな視点でもなんとなく知っている。それが大事だと思うのです。

スタートアップは、ものすごいユニークだとか、誰もやっていないことではなく、どちらかというとさまざまな人がやっている中で自分はこういうアプローチで改善するというほうが圧倒的に多い。であるならば、敵を知らないで猪突猛進でやるというのは、カネと時間の無駄だと思います。

岩瀬:実は僕は、注目している起業家はいません。でも、今の話を聞いて思い出したのですが、僕が応援しているベンチャーのひとつに、つくばにある「FULLER(フラー)」というスマホアプリ事業の会社があります。僕の元上司のロンドン在住モバイル関連のベンチャーキャピタリストを紹介し、出資をもらった企業なのですが、彼らの「やり取り」を見ていると面白い。

彼らは高専卒のエンジニア5人組で、つくばに一軒家を借りて始めた20代中盤の若者たちなのですが、英語を一生懸命勉強して、ロンドンとスカイプでつないで取締役会を英語でやっている。それにより、ほかのモバイルアプリベンチャーにも投資しているVCから、「スマホのマネタイズはこれとこれとこれしかないよな」とか、海外向けにローンチするときに「アジアなら受けるけど、ヨーロッパでは受けないからキャラクターを変えよう」と、アドバイスをもらっている。そういう“翻訳”してくれる人がいるから、まだ飛躍できていないけれど、可能性を感じます。伊佐山さんがこれからそういう役割を果たすのかもしれませんが、日本のエンジニアとグローバルのプロデューサーがうまく組み合わさることで、日本の技術のポテンシャルが発揮できるような気がしていますね。

(構成:山本智之 撮影:原田教隆)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。