6度の延期を経て開業、台湾「空港鉄道」の実力

新幹線に次ぐ日本企業連合の大プロジェクト

桃園MRTは2005年、丸紅が川崎重工業、日立製作所と企業連合を組んで入札に参加し、シーメンス(独)、アルストム(仏)&CTCI(台)連合の2グループを押さえて受注した。

丸紅が鉄道システム一式と車両基地の建設、川崎重工業は123両の車両製造、日立製作所は変電・給電システムを担当し、線路幅は1435ミリメートルの標準軌、電化方式は直流750Vの第3軌条方式を採用。契約金額は254億9000万台湾ドル(約910億円)、工期90カ月の予定で2006年6月に着工し、当初は2013年9月開業を予定していた。

だが、受注業者間の契約トラブルや設備の不具合で工事が遅れ、開業を2015年末に延期。その後も電気系統など各種トラブルに見舞われ、このプロジェクトを所轄する台湾の交通部高速鉄路工務局(日本の国土交通省に相当)より賠償金を請求される事態となるなど、混迷を続けた。

建設費用は結果的に1138億5000万台湾ドル(約4207億円)にもなり、2015年から安全試験による試運転も開始されたが、走行速度が基準を満たさないなど次々にトラブルが発生し、開業予定日を6度も延期した経緯がある。

今年に入り、開業予定日が3月2日に決定。2月2日から「プレ開業」として団体や一般向けの無料試乗会を1カ月間実施した。同期間中には約140万人が乗車したといい、蔡英文総統も視察に訪れた。

列車は普通と快速の2タイプ

開業日の式典終了後、実際に台北駅から乗車してみた。

桃園MRTの台北駅は、台湾鉄路(在来線)や高速鉄道の台北駅とはやや離れた場所に位置する。これらの駅とは地下通路で結ばれているが、乗り継ぎの際は10~15分程度の時間の余裕をみる必要がありそうだ。

台北駅に設けられた航空会社のチェックインカウンター(筆者撮影)

駅には航空会社のチェックインカウンターも設けられている。当面はチャイナエアラインとエバー航空の2社のみではあるものの、搭乗予定時刻の3時間前までであれば駅で搭乗手続きが可能。機内預け入れ手荷物もここで預けられるので、身軽に乗車できそうだ。ホームは地下3階で、ホームドアも設置されている。

列車は、各駅停車で終点の環北まで全線を走る普通車(Commuter)と、台北―桃園空港第2ターミナル間を結ぶ快速タイプの直達車(Express)の2タイプがあるが、運賃は同一で台北―桃園空港間は160台湾ドル(約570円)。空港連絡バスより少し高い。6時00分から23時00分までの間、どちらも15分間隔で運転されるという。

次ページ「直達車」には無料Wi-Fiも
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。