「車優先」からいち早く転換した米大都市の今

交通を運賃収入に頼らない「公共サービス」に

長距離列車が発着するユニオンステーション(奥)をバックに走るポートランドのMAXライトレール(筆者撮影)

LRTの3文字を見て、鉄道好きがまず思い浮かべるのは欧州の都市ではないだろうか。しかしLRTはライト・レール・トランジットの略で、英語が語源であり、1970年代に北米で生まれたものだ。

既存の鉄道(ヘビー・レール)や地下鉄に代表される高速鉄道より小型軽量の車両を用い、費用の掛からない都市型鉄道システムというのがライトレールの定義で、現地でストリートカーと呼ばれていた路面電車の進化形と考えられた。

北米で最初のLRTとされているのはカナダのエドモントンの路線で、1978年に開業した。米国では1981年のカリフォルニア州サンディエゴが最初だった。その後ロサンゼルス、デンバー、セントルイスなど各都市に広まっている。いずれも新規開業路線であり、路面電車の近代化・高機能化によってLRTと呼ばれるようになった欧州とは経緯が異なる。

LRTと路面電車は別ジャンル

欧州は路面電車とLRTが同一と見なされることが多く(トラムという呼び方も一般的)、我が国の国土交通省もLRTのことを「次世代型路面電車システム」と呼んでいるが、北米はストリートカーとは別のジャンルとして認識しているようだ。

ストリートカーとはその名のとおり路面電車であり、都市内回遊のための乗り物なのに対し、LRTは郊外と都心を結ぶ鉄道として位置付けられている。ゆえに同一の都市にLRTとストリートカーの両方が存在している都市もある。オレゴン州最大の都市ポートランドもそのひとつだ。

ポートランドでは1986年に最初のLRT路線が開業し、2001年にストリートカーが走り始めた。現在はLRT5路線、ストリートカー3路線を擁している。総延長は約110キロメートルと、日本最大の路面電車ネットワークを持つ広島電鉄の約3倍になる。

次ページ自転車も積める空港アクセスLRT
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT