佐賀県「JAさが」、地域農協で初の持ち株化へ

国が推進する農協改革に対応

佐賀県の棚田は、観光資源としての価値も高い(写真:nob baba / PIXTA)

外部に頼らない「自己改革」の姿勢を鮮明に

当記事は佐賀新聞LIVEの提供記事です

JAさが(金原壽秀組合長)は、農産物加工や購買生活関連などのグループ会社15社のうち9社を、新たに設立する持ち株会社(ホールディングス、HD)2社の傘下に置く方針を決めた。年内に移行する予定で、総務、経理といった事務・管理業務を一元化して効率化するとともに、好調な野菜加工やレストランなどの事業拡大を目指す。地域農協が関連会社をHD化するのは全国初。

農業の競争力を強化する政策の一環として国が推進する農協改革の要求に応えるとともに、外部に頼らない「自己改革」の姿勢を鮮明に打ち出す狙いもある。

グループ会社15社合計の売上高は667億3635万円(2015年度)、社員数は2561人。近年は子会社各社が独自に農作業支援や大手メーカー商品の受託製造(OEM)など、業務を多角化させた影響で一部重複する業務も出てきていた。当初は合併を検討したが、設立の経緯や給与体系が異なるため難しく、HD化が最適と判断した。

次ページ成果の「見える化」も課題
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。