レゴランドの「物足りなさ」は計算づくだった

マダム・タッソーの運営会社が描く戦略は?

約60メートルの高さのオブザベーション・タワーから施設を一望できる(記者撮影)

価格設定が大人6900円、子ども(3~12歳)5300円と強気なだけに、「(デートなどで)大人だけでも楽しめそう」と期待して出かけると、肩透かしを食らうかもしれない。

レゴランド・ジャパンを運営するのは、英マーリン・エンターテイメンツ。ディズニーのパークを運営するウォルト・ディズニー・アトラクションズに次ぐ世界2位のテーマパーク運営会社だ。レゴランドだけでなく、ろう人形館「マダム・タッソー」など中規模のテーマパーク運営を得意とする。

“世界観”づくりの発想が乏しい

「マーリン社は、ディズニーやUSJと発想がまったく異なる」と指摘するのは、レジャー産業に詳しい余暇産業研究所の井手信雄主席研究員だ。井手氏によると、ディズニーやUSJがパーク内の“世界観”を重視し、ディズニー映画やハリウッドの街並みを再現するなど、大人が歩いても楽しいパークにしている一方、「マーリン社にはそうした世界観を作るという発想は乏しい」(井手氏)と指摘する。

世界遺産・姫路城も再現されている。ただ、背後には高速道路が走るなど、没入感には乏しい(記者撮影)

実際にレゴランド・ジャパンの園内に足を踏み入れても、レゴの模型は目に付くが、レゴムービーの世界に迷い込んだような独特の世界観は伺いにくい。

園外を見渡すと、むき出しの高速道路も目に入る。320億円という抑制した投資額で、“世界観”よりまずは個々の施設の充実を重視した証拠といえるだろう。

次ページレゴの世界観が十分に引き継がれていない理由は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT