日産が懸念する、反日感情の再燃

尖閣問題後、販売不振続く

これまで日本勢は、中国市場を先進国に次ぐ市場とみなし、新鋭車種の投入や品揃えに力を入れてこなかった。これに対し、上位勢は、中国人の嗜好に合った車種開発を進めるなど積極的な車種投入を行い、急成長するタイミングを捉えたことで差が広がった。

とにかくコトを荒立てないでほしい

日本勢も、中国人が開発した車種など中国専用モデルの投入を加速させているところだが、今後の計画を見ると、GMが15年までに500万台(生産)、VWが18年までに400万台超(生産)とするのに比べ、日産は15年に200万台超(生産)、トヨタが15年に180万台(販売)、ホンダが15年に150万台(販売)と、差は開く一方。何事もなくても厳しい戦いが待っているところへ、政治が足を引っ張ればもはや上位に食い込む望みはなくなる。

とにかくコトを荒立てないでほしい――緊張が高まる季節を前に、日産ならずとも中国に進出する日系各社に共通する想いだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT