日産「ダットサン」の復活と課題

新興国を開拓、インドに第1弾「GO」投入へ

「プリンス」とともに、かつての日産自動車を代表した車名ブランド「ダットサン」が、帰ってくる。

日産は、新興国向けエントリーカーブランドとして「ダットサン」を2014年に復活。その第1弾となる「ダットサンGO」をインドで発表した。14年初めにインド市場に投入する。ダットサンブランドの新型車は、14年後半には、インドネシア、ロシア、南アフリカでも発売となる。

コーポレートロゴを刷新

ダットサンの立ち上げを控え、一足早く日産はグローバルのコーポレートロゴを刷新した。従来のロゴは、「NISSAN」と太書きされた文字の下に、日産と、高級ブランド「インフィニティ」のエンブレムがあしらわれていたが、新しいロゴでは日産、インフィニティとともにダットサンのエンブレムも並び、「NISSAN MOTOR COMPANY」の文字は比較的目立たなくなった。ダットサンを、日産やインフィニティに並ぶブランドに育てようという日産の意気込みがうかがえる。

新興国の一次取得者向けということで、GOの最大の特徴は40万ルピー(約70万円)以下という価格だ。そもそもダットサンブランドを立ち上げるのも、低価格車がラインナップされることにより、「日産」のブランドイメージが損なわれるのを防ぐためだ。

次ページコストへのこだわりとは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT