日産「ダットサン」の復活と課題

新興国を開拓、インドに第1弾「GO」投入へ

「プリンス」とともに、かつての日産自動車を代表した車名ブランド「ダットサン」が、帰ってくる。

日産は、新興国向けエントリーカーブランドとして「ダットサン」を2014年に復活。その第1弾となる「ダットサンGO」をインドで発表した。14年初めにインド市場に投入する。ダットサンブランドの新型車は、14年後半には、インドネシア、ロシア、南アフリカでも発売となる。

コーポレートロゴを刷新

ダットサンの立ち上げを控え、一足早く日産はグローバルのコーポレートロゴを刷新した。従来のロゴは、「NISSAN」と太書きされた文字の下に、日産と、高級ブランド「インフィニティ」のエンブレムがあしらわれていたが、新しいロゴでは日産、インフィニティとともにダットサンのエンブレムも並び、「NISSAN MOTOR COMPANY」の文字は比較的目立たなくなった。ダットサンを、日産やインフィニティに並ぶブランドに育てようという日産の意気込みがうかがえる。

新興国の一次取得者向けということで、GOの最大の特徴は40万ルピー(約70万円)以下という価格だ。そもそもダットサンブランドを立ち上げるのも、低価格車がラインナップされることにより、「日産」のブランドイメージが損なわれるのを防ぐためだ。

次ページコストへのこだわりとは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。