日産「ダットサン」の復活と課題

新興国を開拓、インドに第1弾「GO」投入へ

「プリンス」とともに、かつての日産自動車を代表した車名ブランド「ダットサン」が、帰ってくる。

日産は、新興国向けエントリーカーブランドとして「ダットサン」を2014年に復活。その第1弾となる「ダットサンGO」をインドで発表した。14年初めにインド市場に投入する。ダットサンブランドの新型車は、14年後半には、インドネシア、ロシア、南アフリカでも発売となる。

コーポレートロゴを刷新

ダットサンの立ち上げを控え、一足早く日産はグローバルのコーポレートロゴを刷新した。従来のロゴは、「NISSAN」と太書きされた文字の下に、日産と、高級ブランド「インフィニティ」のエンブレムがあしらわれていたが、新しいロゴでは日産、インフィニティとともにダットサンのエンブレムも並び、「NISSAN MOTOR COMPANY」の文字は比較的目立たなくなった。ダットサンを、日産やインフィニティに並ぶブランドに育てようという日産の意気込みがうかがえる。

新興国の一次取得者向けということで、GOの最大の特徴は40万ルピー(約70万円)以下という価格だ。そもそもダットサンブランドを立ち上げるのも、低価格車がラインナップされることにより、「日産」のブランドイメージが損なわれるのを防ぐためだ。

次ページコストへのこだわりとは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。