森永乳業が「シールド乳酸菌」で稼げる理由 導入企業は100社超、ポテサラやとん汁にも

拡大
縮小

同年3月、アサイーなどのスーパーフードを手掛けるフルッタフルッタは、主力のアサイー飲料でシールド乳酸菌を加えた新商品を発売した。フルッタフルッタの担当者が森永乳業の営業部員に提案したことがきっかけだった。「アサイーに乳酸菌を加えることは、森永乳業も想定していなかったようだ」(フルッタフルッタ)。シールド乳酸菌が意外な商品にまで拡大していることを物語る。

9月にはロック・フィールドが展開するジュースバーの「ベジテリア」も期間限定で野菜ジュースにシールド乳酸菌を加えた。また同社が展開する総菜の「RF1」も、11月にポテトサラダをシールド乳酸菌入りのものにリニューアルした。「サラダがもともと持つ健康感を高めたかった」(ロック・フィールド)という。ベジテリアのシールド乳酸菌入りジュースは期間限定だったが、今年に入ってから定番商品に変わっている。

導入企業は100社超え

牛丼の吉野家も、とん汁やけんちん汁にシールド乳酸菌を加えてリニューアルした(写真:吉野家)

今年1月には牛丼チェーンの吉野家も「とん汁」と「けんちん汁」にシールド乳酸菌を加えてリニューアルした。加工食品だけでなく、中食や外食にも広がったことで、「“シールド乳酸菌”で検索する人が増えて、自社製品へのアクセスが増えた」(森永製菓・菓子食品マーケティング部の老川茜氏)など、相乗効果まで出始めた。

森永乳業のシールド乳酸菌を導入した企業は100社を超える。強い競争力ゆえに、シールド乳酸菌を含むB to B事業の営業利益率は今2017年3月期の通期計画で6.0%と、連結全体の3.4%を大きく上回る。だが、売上高は910億円と、全体の15%程度だ。今後は海外展開も含め、一層の販路拡大が必要となる。人口減少に伴い国内食品市場の量的な拡大が望みづらい中、森永乳業の未来は好採算のシールド乳酸菌に懸かっている。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT