日本人の「おもてなし力」が世界最高の真相

「Airbnb」利用データで判明した実力

1つ目は地方都市ほどスーパーホスト率が高い傾向があること。特に長野県大町市、広島県福山市、大阪府岸和田市、滋賀県大津市、 静岡県沼津市はスーパーホスト率が高いエリアになっている。

世界に認められる「シニア世代」のおもてなし力

2つ目は世代別で見たときに、60歳以上のスーパーホスト率が世界で最も高いこと。60歳以上の国内シニアホストの実に70%が5つ星の最高評価を獲得しており、最高齢のスーパーホストは83歳。「生涯現役」を体現する日本のシニアホストは世界のおもてなしのお手本となる存在なのである。

日本のホストのハイレベルなおもてなしが効いているのか、外国人客によるAirbnbの利用は急速に伸びており、昨年1年間でAirbnbを活用して日本国内を旅行した訪日外国人客数はのべ370万人に達した。また、昨年の大みそかをAirbnbで過ごした人は全世界で200万人を超えたが、人気滞在都市のTop5に東京、一昨年から最も滞在者数が増えた都市のTop5に福岡がランクインしている。

UNWTO(国連世界観光機関)が毎年発表している国際観光客到着数の最新ランキング(2015年)において、日本は世界16位に甘んじていることを考えると、Airbnbの活発な利用実態は日本のホストのおもてなし力を示すものだろう。

次ページ世界の注目エリアでは「大阪市此花区」が躍進
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。