「鉄道&カーシェア」が出張族にうける理由

スマホで予約して24時間好きな時に利用

「レール&カーシェア」は2013年4月にJR西日本の駅レンタカー事業会社との提携から始まった(撮影:尾形文繋)

車を会員同士でシェアするカーシェアリングが、鉄道とのコラボレーションを始めている。仕掛けたのは、コインパーキング事業などでも知られるタイムズ24だ。

カーシェアリング(以下カーシェア)は、各地の「ステーション」に置かれた自動車を会員がレンタルするサービスだ。レンタカーに似ているが、ステーションは原則無人で、会員はスマホなどを使ってすぐに予約できる。

レンタカーのように毎回清掃されるわけではないので、利用者のマナーが求められる一方、利用ごとの煩雑な手続きが不要で、ガソリン代も利用料金に含まれるなど、気軽に利用できる。

新幹線や福岡市営地下鉄とコラボ

タイムズ24のカーシェアリング事業「タイムズカープラス」は、会員数約53万人、車を配置する「ステーション」は全国42都道府県7200カ所以上と、国内トップシェアを誇る(2015年9月現在)。そのタイムズカープラスが、2013年から進めているのが、鉄道事業者とのコラボレーション「レール&カーシェア」だ。

「レール&カーシェア」は、現在JR東海、JR西日本グループ、福岡市営地下鉄の3事業者と提携している。例えば「EX-ICレール&カーシェア」では、東海道・山陽新幹線の予約サービス「エクスプレス予約」の会員が、新幹線を利用した当日か翌日に、駅近くの対象ステーションからカーシェアを利用すると、利用料金が206円優待される。福岡市営地下鉄で、ICカード「はやかけん」で地下鉄に乗車した場合も、同様に206円の優待が受けられる。

カーシェアの優待額はわずかで、鉄道側の運賃割引もない。この提携にはどんなメリットがあるのだろうか。

次ページ出張族が駅からタクシー代わりに
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。