中国、北朝鮮からの石炭輸入を全面停止

輸入禁止措置は19日から今年いっぱい

 2月18日、中国商務省は、北朝鮮からの石炭輸入を全面的に停止するとの通達を発表した。北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁を強化する狙いがある。浙江省の北朝鮮料理の店で昨年4月撮影(2017年 ロイター/Joseph Campbell)

[上海/ワシントン 18日 ロイター] - 中国商務省は18日、北朝鮮からの石炭輸入を全面的に停止するとの通達をウェブサイト上で発表した。北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁を強化する狙いがある。

輸入禁止措置は19日から今年いっぱいとなる。

北朝鮮は12日に弾道ミサイルの発射実験を行った。

中国は昨年4月、国連の制裁を受けて北朝鮮からの石炭輸入を停止する方針を示したが、核やミサイル開発に関係せず人道上不可欠な場合は除くとしていた。

米国務省の報道官は「全ての国が北朝鮮に関する決議を完全で透明な形で実行する必要がある」と強調。「北朝鮮が核開発に関する真剣な協議に復帰するように、同国の最大の貿易相手国である中国に引き続き影響力を行使するよう求めていく」とした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT