今こそ振り返りたい「東芝経営者」の根本問題

会社を滅ぼす「オレ様」との付き合い方とは?

3)最初に自分の必要なものを手に入れる

対等に条件を認め合うという約束をしたとしても、向こうは好きなものだけ手に入れたら、こちらに対する約束は忘れてしまう。こちらの条件をまずは最初に通す必要がある。

4)利害が一致すればうまくいく

お互いに見返りのある取引に対しては積極的。欲しいものをきっちり言ってくる人には腹を立てない。利害が一致する点を見つけるのが得策。

5)「相手によく見られたい」という意識を利用する

味方とみなす人からはよく見られたいと思うため、うまくいかないとき、こちらは「怒り」を見せるよりは「残念だ」と言うほうが効果的。

とまあ、ナルシシズムは治癒できるものでもなく、根本的な解決策はあまりないのが現実らしい。そもそも、共感力のない人物をトップにするという選択自体、非常にリスクが高いということだ。

すり寄るのは間違った戦略ではない

2月に行われた日米首脳会談は、安倍首相が「ナルシスト」の頂点に立つトランプ氏に徹底的にすり寄った感がある。「朝貢外交」などとも揶揄されたが、「敵か味方か」でしか人を判別できないトランプ氏の性向を鑑みると、これは間違った戦略とはいえない。

ただし、こびへつらうだけでも、言うことを聞いてくれるわけはない。トランプの老獪な交渉術についての記事でも触れたが、相手は百戦錬磨、越後屋ばりの「悪徳商人」である。こちらがうまく転がせるほど、甘くはない。安倍首相と会うタイミングの直前で、習近平主席と電話で長時間、会談し、「一つの中国」政策を認めるなど、抜け目なさを見せている。

日本にいい顔を見せつつも、結局、台湾も中国も日本もロシアも彼にとっては「手ごま」でしかないのだろう。すり寄ってくるものには甘い顔を見せるが、だからといって、恩義をとおすとか、忠節を尽くそうなどとは考えていないはずだ。不動産取引同様、てんびんにかけて、競わせて、値段をつり上げ、少しでも高値をオファーしてくる国を優先するのではないだろうか。

筆者の見立てだが、トランプ氏は国全体というより自分を支持する人々や取り巻きの意見や利益にプライオリティを置くだろう。さらに、約束を反故にすることにも、良心の呵責も感じないだろう。従属的にすり寄るだけでは下手に見られ、アメリカ国内のみならず世界に渦巻く反トランプ世論を敵に回す可能性もある。そこが難しいところだ。

トランプ氏はロシアのプーチン大統領のような強者を崇め、弱腰で、自分より下位にあるとみなす者に対しては敬意を払わないのではないか。結局は利害の一致点を見いだしつつ、丁々発止、キツネとタヌキのごとく、化かし合いをしていくしかないのかもしれない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT