米ペプシコ第4四半期利益は予想上回る

健康志向に配慮した飲料の需要が堅調

 2月15日、米清涼飲料大手ペプシコが発表した第4・四半期利益は市場予想を上回った。NY市のスーパーマーケットで撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[15日 ロイター] - 米清涼飲料大手ペプシコ<PEP.N>が発表した第4・四半期利益は市場予想を上回った。北米において健康に配慮した飲料やスナック菓子に対する需要が堅調だったほか、コスト削減策も寄与した。

純売上高は5%増の195億2000万ドル、特別項目を除く1株利益は1.20ドルだった。

トムソン・ロイター・エスティメーツによるアナリストの平均予想は、売上高が195億1000万ドル、1株利益が1.16ドルだった。

ただ自社帰属の純利益は14億ドル(1株あたり0.97ドル)と、前年同期の17億2000万ドル(同1.17ドル)から減少した。第4・四半期に年金関連費用や債務償還費用を計上したほか、前年同期に計上した税務上の利益分がはく落したという。

最大事業である北米飲料部門の純売上高は8%増。同部門の販売数量は1%増となった。

2017年の1株利益予想は5.09ドル。アナリスト予想の5.16ドルを下回った。

オーガニックセールス(買収・売却や為替相場などの影響を除く本源的売上高)の増加率は最低3%とした。2016年は3.7%だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT