トランプ政権、労働長官候補パズダーが辞退

フリン補佐官辞任に続き、またも新たな火種

 2月15日、トランプ米大統領が労働長官に指名したアンドリュー・パズダー氏(写真)が指名を辞退すると発表した。2012年4月撮影(2017年 ロイター/Fred Prouser/File Photo)

[ワシントン 15日 ロイター] - トランプ米大統領が労働長官に指名したアンドリュー・パズダー氏は15日、指名を辞退すると発表した。同氏の指名承認を巡っては、上院で必要な賛成票が集まらないとの懸念が強まっていた。

フリン大統領補佐官が辞任したばかりのトランプ政権にとって、新たな打撃となる。

パズダー氏はファストフードチェーンの「カールス・ジュニア」や「ハーディーズ」を展開するCKEレストランツ・ホールディングスの最高経営責任者(CEO)。同氏は声明で「慎重な検討と家族との話し合いの結果、労働長官の指名を辞退する」と表明した。

同氏は就労許可のない不法移民を家政婦として雇っていたと今月に入って認めたほか、一部店舗の従業員による賃金やセクハラ問題をめぐる訴訟にも直面している。また、前妻が過去に虐待被害を訴えていたことが判明したが、前妻の主張はその後撤回された。

承認公聴会を16日に控え、上院では少なくとも7人の共和党議員が同氏を支持しないことが明らかになっていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。