トランプ政権、労働長官候補パズダーが辞退

フリン補佐官辞任に続き、またも新たな火種

 2月15日、トランプ米大統領が労働長官に指名したアンドリュー・パズダー氏(写真)が指名を辞退すると発表した。2012年4月撮影(2017年 ロイター/Fred Prouser/File Photo)

[ワシントン 15日 ロイター] - トランプ米大統領が労働長官に指名したアンドリュー・パズダー氏は15日、指名を辞退すると発表した。同氏の指名承認を巡っては、上院で必要な賛成票が集まらないとの懸念が強まっていた。

フリン大統領補佐官が辞任したばかりのトランプ政権にとって、新たな打撃となる。

パズダー氏はファストフードチェーンの「カールス・ジュニア」や「ハーディーズ」を展開するCKEレストランツ・ホールディングスの最高経営責任者(CEO)。同氏は声明で「慎重な検討と家族との話し合いの結果、労働長官の指名を辞退する」と表明した。

同氏は就労許可のない不法移民を家政婦として雇っていたと今月に入って認めたほか、一部店舗の従業員による賃金やセクハラ問題をめぐる訴訟にも直面している。また、前妻が過去に虐待被害を訴えていたことが判明したが、前妻の主張はその後撤回された。

承認公聴会を16日に控え、上院では少なくとも7人の共和党議員が同氏を支持しないことが明らかになっていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT