富士重、販売増に円安への見直しで上方修正

トランプ対策では米国現地生産の上昇を訴え

 2月8日、富士重工業は、2017年3月期連結業績予想(日本基準)を上方修正した。ただ、前年に比べると円高水準にあるほか、販管費などの諸経費もかさむため、減益予想に変わりはない。写真は都内で2015年11月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 8日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>は8日、2017年3月期連結業績予想(日本基準)を上方修正した。想定為替レートを円安方向に見直したことなどを反映させた。ただ、前年に比べると円高水準にあるほか、販管費などの諸経費もかさむため、減益予想に変わりはない。

営業利益予想は前年比27.5%減の4100億円に引き上げた。想定為替レートを1ドル104円から108円に見直したことなどを理由に、前回予想から370億円上積みした。

ただ、トムソンロイターがまとめたアナリスト20人の予想平均4298億円は下回った。

売上高は減収予想から一転、増収予想に修正。前年比2.4%増の3兆3100億円(前回3兆1800億円)と、5年連続で過去最高を見込んでいる。世界販売台数も5年連続で過去最高となる見通しだ。

2016年4─12月期は売上高が前年比0.4%増の2兆4278億円、営業利益が同29.6%減の3067億円、純利益が同38.6%減の2075億円だった。売上高は販売台数の増加が円高影響を吸収したが、販管費などがかさみ、減益となった。

米現地生産比率上昇へ

会見した高橋充専務は、トランプ米大統領が日本の自動車メーカーの米国輸出が多いと問題視していることについて「米国での工場の能力を上げることで、米国の販売台数に占める現地生産比率を高めていく」との方針を示した。

富士重工の2016年の米国販売実績は61万5000台。このうち、現地生産は24万台となっている。

高橋専務は「生産台数が増えることで、雇用も増えていく」と指摘。米国での販売についても「毎年、順調に伸ばしていける手応えを持っている」と先行きに自信を示した。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT