生保レディの囲い込みへ、日本生命が「秘策」

1日3時間半の勤務で育児や介護と両立

日本生命が営業職員向けに新しい制度を導入する(記者撮影)

1日3時間半の勤務時間で従来報酬の約85%を確保できる――。日本生命保険(日生)は、今年4月から営業職員向けに「ファミリーケア職員制度」を導入する。生命保険会社の営業職員に対し、働き方の選択肢を広げ、より仕事を続けやすい環境にしようという業界初の試みだ。

介護や育児に取り組む営業職員が対象

新制度の中身はこうだ。介護中や育児中の営業職員を対象に、1日の労働時間をフルタイムの7時間から半分の3時間半にする。ただし重要な連絡事項もあるため、週2日は午前9時~午後1時半に出勤、そのほかの日は柔軟に出勤時間を設定できる。標準的な営業職員のケースでは、基本給部分は減るが、歩合制の給与部分を合わせれば、これまでの約85%の報酬は確保できるという。

さらに通常の有給休暇(年間20日)に加えて、年間50日の特別休暇も取得できる。この特別休暇は、通常の有給休暇ほどではないがある程度の給与が支給される。連続休暇取得も可能で、分散して取得すれば週休3日にすることもできる。

子育ての場合、子どもが小学校に慣れる1年生の8月末まで、介護の場合は父母、祖父母、きょうだい、配偶者やその親も対象に、その介護が終わるまでこの制度を利用できる。

「退社する理由は一つではないが、介護や育児に追われて、仕事との両立が難しくなり退社していく営業職員がいる。長く働いてもらうために、新たな働き方の選択肢を増やした」(伊藤直芳・営業企画部営業勤労課長)。日生には約5万人の営業職員がいるが、特に営業成績が優秀な営業職員の退社は、営業拠点の業績悪化に直結する。一般に「営業職員の定着率と契約の継続率は比例する」といわれており、営業職員がより長く仕事を続けられることは、契約者との関係を継続することにもつながる。

次ページ入社1~3年の社員の定着率は改善
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT