円安はねのけ南アフリカ旅行が好調な理由

沖縄に似た大自然と「人種のるつぼ」の魅力

南アフリカの父とも言えるネルソン・マンデラ氏は東ケープ州で生まれ育ち、若い頃にヨハネスブルグに出てきて、後の自由への闘争の仲間と出会いました。マンデラ氏は「抑圧はこの世にはうまく働かない、人種で住む地域を分けてもうまくいくわけがない」と言って、分断されていた国をひとつにまとめあげた。

外国から来る人は、なぜそれだけ多くの民族がひとつの国で一緒に過ごせるのか、不思議に思っているでしょう。おそらく日本人の方にとっても、異なる文化の背景を持った人たちが一緒に暮らしている南アフリカを見ていただくことが、世界に対して日本の文化の多様性をアピールするヒントになると思います。

――日本人観光客について、今年の数値目標は。

海の向こうに見える山頂が美しいテーブルマウンテン

当初、2013年1~12月のターゲットは3万3000人強で計画しましたが、2012年の数字がまとまったら、これを超えて過去最高(3万4000人超)を記録してしまったので、見直しています。今年も好調なので、3万7000人は堅いのではないかと思っています。

ビジネスでの交流も、トヨタ自動車やパナソニックをはじめ、徐々に広がっています。旅行関連では、エイチ・アイ・エス(HIS)が7月にサントンというヨハネスブルグ郊外の街に、日本の旅行会社で初めて事務所を開くことも予定されています。

官民がさまざまなレベルで交流を図っていて、南アフリカからの訪日客も増えていくでしょう。最近、富士山が世界遺産に登録されましたが、南アフリカにも8つの世界遺産があります。こうした面での連携も含めて、もっともっと両国の交流を図っていけるのではないでしょうか。

(写真提供:南アフリカ観光局)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT