円安はねのけ南アフリカ旅行が好調な理由

沖縄に似た大自然と「人種のるつぼ」の魅力

「自然と食と花と、多様な国民性に触れてほしい」とフレンドリーなカーサ観光副大臣(撮影:風間仁一郎)

南アフリカを初めて訪れる場合、グループ客が多いですが、この多様性に触れると、2回目に来るときには個人旅行になっていきます。

シャイで行儀よい日本人ですら、盛り上がってくると踊り始めます。南アフリカには「ウブントゥ精神」という、日本語の「絆」に似た概念があります。ひとつになろう、一緒になろうとか、人と人のつながりを大切にする精神です。これを感じてもらえれば、日本人も南アフリカのファミリーの一員として迎えられ、老若男女を問わず楽しんでいただけます。

ネルソン・マンデラが加速した「人種のるつぼ」

――話を伺っていると、沖縄の方々とよく似ていますね。以前から交流が盛んだったのですか。

南アフリカには9つの州があり、すべてが非常にユニークです。それぞれの州に先住民族が住んでいます。たとえば、ヨハネスブルグのあるハウテン州は天然資源が豊富なので、労働力としていろいろな土地からさまざまな人種の人たちが集まってくるようになり「メルティング・ポイント」(融点)と呼ばれています。たいていの人が、11の公用語の多くを器用に操るようになっていきます。

次ページ広がるビジネスの交流
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT