カナダ・ケベック市のモスクで銃撃、5人死亡

「イスラム教徒に対するテロ攻撃」か

 1月29日、カナダのケベック州ケベック市のモスクで、夜の礼拝中に発生した銃撃事件について、同国のトルドー首相は「イスラム教徒に対するテロ攻撃だ」として非難した。写真は事件現場の前に到着した救急車(2017年 ロイター/Mathieu Belanger)

[ケベック市 29日 ロイター] - カナダのケベック州ケベック市のモスクで、29日夜の礼拝中に発生した銃撃事件について、同国のトルドー首相は「イスラム教徒に対するテロ攻撃だ」として非難した。

モスクの責任者によると、銃撃で5人が死亡。目撃者情報によると、モスク内には40人程度がいた。最大3人が銃を乱射したという。

地元警察は多数の犠牲者と死者がいるとしたが、死者の数について確認は得られなかった。また、2人の容疑者を拘束したと述べたが、現時点で容疑者の詳細は明らかにしていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT