現地取材で分かった「トランプ支持者」の正体

実は8年前のオバマ支持者と共通点がある

30人以上のトランプ支持者に取材をしたが、物腰もやわらかくてあたたかい理想のホストファミリーという印象の人たちが多かった(写真:筆者撮影)

率直に言う。筆者は、昨年11月の米大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利したことが腑に落ちていなかった。一体どんな人が、なぜ支持をしたのか。想像を超えた出来事であり、まったく現実感がなかったのだ。

この特集の一覧はこちら

世界が注目するこの型破りな新大統領の誕生をアメリカはどう迎えるのか――。この歴史的瞬間に立ち会いたいという思いに突き動かされ、ワシントンD.C.へ向かうことにした。

1月20日の就任式を取材しての結論。トランプ支持者は8年前のオバマ支持者と共通するところがあった。“チェンジ”を期待するムードだ。オバマ政権の“チェンジ”が全然効いていなかったということなのか。

トランプ支持者を事前に見つけられず!

実は出発の2週間前から、Facebookでアメリカの友人たちに協力を呼びかけていた。「大統領就任式の日にワシントンD.C.でトランプ支持者にインタビューをしたい。誰か紹介して!」と。友人たちも協力してくれて幅広く呼びかけてもらったが、なかなか見つからなかった。これがいわゆる“隠れトランプ”現象なのか、それとも場所と日時が限られているためなのか。

結局、日本を出発する前にトランプ支持者を見つけることができないまま、就任式の前夜にワシントンD.C.に到着した。空港からは乗り合いのシャトルバスに乗り、同乗者への取材を始めた。南カリフォルニアから抗議デモのために来たという30代の白人女性は「機内の99%がデモへの参加者だったわ。これまでトランプ支持者には数人会ったことがあるけど、仕事があろうがなかろうが、みんなただただ“チェンジ”を求めているだけ。ヒラリーは信用できないと言うけれど、トランプこそ最も信用できない男なのに」と大きなため息をついた。

次ページトランプは神の子ども?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • インフレが日本を救う
  • トクを積む習慣
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT