現地取材で分かった「トランプ支持者」の正体

実は8年前のオバマ支持者と共通点がある

運転手で50代のカメルーン出身の黒人男性は「今週トランプ支持の女性を乗せたけど、『オバマはイスラム教徒で、中絶で子どもを殺すことを推進している。イスラム教信者は地獄へ行く。トランプは神の子どもだ』って本気で言うんだよ。でも彼女を責められない、保守メディアの嘘の情報に洗脳されているだけなんだ」とよどみなく話してくれた。私はまだ見ぬトランプ支持者との出会いを前に、不安を抱かずにはいられなくなった。

公式グッズ販売店の前でトランプ大統領就任に抗議する中年男性(写真:筆者撮影)

就任式の朝。会場近くの駅前で、最初に目に入ったのは静かに抗議する中年の男性。公式の就任式グッズを販売するテントの前で「偏見+嘘+プーチン=トランプ」と書かれたボードを持って立っていた。「いろいろ思うところはあるけど、こうして堂々と抗議ができるのはアメリカの素晴らしいところなんだ」と話す姿は愛国心がにじみ出ていた。

就任式の会場エリアに行くには、金属探知機のゲートを通過しなくてはならないが、抗議デモの参加者に阻まれて時間がなくなった。ゲートを通過したものの、就任式が見られるところまで辿り着くことができなかった。そこで、パレードが行われるペンシルベニア・アヴェニューのトランプホテル近くで、新大統領の登場を待つことにした。

ついにトランプ支持者を見つけた!

そこには、私がずっと探し続けていたトランプ支持者たちが大勢いた。トランプグッズを身にまとったカジュアルな服装の白人というのがざっくりとした共通点。あらゆる場所から目に入る「TRUMP」の文字に腰が引けつつ、支持者に恐る恐る声をかけてみた。しかし、あまりにも普通すぎる支持者で拍子抜けした。「取材させて下さい」とICレコーダーを向けても、にこやかに対応してくれ、物腰もやわらかくてあたたかい理想のホストファミリーという印象すら持った。

支持者たちにトランプ氏を支持する理由を尋ねると、「アメリカ経済を強くするには彼の政策が必要」「政治屋ではなく、この国にはビジネスの力が必要だから」「彼こそがチェンジしてくれる」という声が次々と返ってきた。一方で「ヒラリー・クリントン氏のことをどう思うか」と意地悪な質問を投げると、みんな一瞬口が止まった。悪口を言うことへの抵抗感が垣間見え、「本音で、率直に!」と促すと、「彼女は嘘ばかりで信用できない」「自分の欲のために大統領になりたいだけだと思う」「彼女では国を変えられない」と語ってくれた。

数時間かけてトランプ支持者30人以上に話を聞いた頃には、彼らを理解している自分がいた。共感はできないまでも、彼らの思考が理解できた。トランプ氏の勝利に嘆き、大きなショックを受けていたこの私が・・・。複雑な感情を抱きながら、パレードを後にした。

次ページ選挙のブレーンが語った勝因とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。