日本人が知らない注目健康食「テフ」とは何か

エチオピア発スーパーフードの正体とは?

具が載せてある布のような食べ物がインジェラ。多くのエチオピア人はインジェラを毎日・毎食、食べる(写真:上野きより)
今や"人類に残された最後の成長大陸”とも言われるアフリカ。なかでも、サブサハラ(サハラ砂漠以南)には大きな潜在力を持つ国が多い。その代表格がエチオピア。人口9950万人とアフリカ大陸ではナイジェリアに次いで人口が多いエチオピアは、過去10年間連続で約10%の経済成長を達成、2014年の経済成長率は10.3%で世界1位を記録した。本連載では、そんなエチオピアの素顔を現地から報じる。

 

この連載の一覧はこちら

エチオピアの首都アディスアババに暮らすエチオピア女性ティジスト・チャラさんの1日は、6人家族と一緒に食べるインジェラの朝食で始まる。お昼はインジェラをランチボックスに入れて会社に持参し、同僚女性たちと一緒に食べる。夜は家族でインジェラを囲む。「インジェラは大好き。インジェラ以外はほとんど食べない」と笑う。

スーパーフード「テフ」とは?

インジェラの原料はテフというイネ科の穀物。このテフをひいて水で溶き、数日間発酵させた後、薄く焼いて作る、少し酸っぱいクレープのような食べ物がインジェラだ。エチオピアではインジェラの上にヤギや鶏の肉、豆の煮込み料理などをのせて、インジェラを手でちぎりながら丸めて一緒に食べるのが一般的な食べ方だ。インジェラはエチオピアの伝統食であり主食で、チャラさんのように多くのエチオピア人が毎日、毎食、食べる。

このテフが、本場エチオピアの外で新たな“スーパーフード”として健康志向の高い人々やセレブたちから注目を集め、先進国を中心に消費が広がっている。サッカー選手デビッド・ベッカムの妻ヴィクトリア・ベッカムや女優グウィネス・パルトローらの世界的なセレブたちはテフの大ファンとして知られ、テフは世界各地のスーパーや健康食品店でも扱われ、パスタやプロテインバー、パンケーキ用のミックスなどの材料としても使われている。出回っているのは主に米国や欧州産だ。

米国のマーケット調査会社パッケージド・ファクツによると、米国ではテフやスペルト小麦、フリーカなど“古代穀物”と呼ばれる穀類の売り上げは近年急速に増加しており、テフの売り上げは2014年に前年比58%増加したという。

次ページ日本でも注目されつつある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。