東海道新幹線が「32両連結」で走行したワケ

全長800メートルの壮観、年1回の大イベント

深夜の乗客非難誘導訓練(撮影:尾形文繁)

また、この訓練では乗り合わせた社員も避難誘導を行うという内容になっており、たまたま出張中の社員3人が「協力社員」として避難誘導にあたった。従来は鉄道運行にかかわる社員に限定されていたが、今年度から全社員に対象が拡大された。つまり、全社員が乗車中は不測の事態に備えることとなる。

昨年12月3日には、新大阪駅付近にある東海道・山陽新幹線第2指令所からの「列車制御」が行われた。通常は東京都内にある新幹線総合指令所で行うが、年1回、1日だけ大阪の第2指令所で実施する。JR東海は、1995年に起きた阪神淡路大震災を契機に総合指令所のバックアップ設備の必要性を痛感。1999年から第2指令所の運用を開始している。

「いつもどおり」が最も大変

第2指令所で列車制御が行なわれた(記者撮影)

東京で不測の事態が起きた場合、関西の各地や岡山などで勤務している社員が駆け付け、指令員として新幹線の運行管理を行なう。東京で指令員経験のある社員も多い。この日は実際に列車制御を大阪で行うにあたり、JR東海、JR西日本、JR九州から約180人が参加した。

指令所内の機能やレイアウトは東京とほぼ同じだ。正面の大きな総合表示盤は運行の模様が一覧できる。パネル上には東京―新大阪間を行き交う80本以上の列車が表示されている。

「年1回ということで、まごつくことはありませんか?」。報道陣の質問を「年に4~5回訓練を行なっている。今日は本番。まごつくことはありません」と、JR東海新幹線鉄道事業本部の北村清文輸送指令長がきっぱりと否定した。確かに表示盤の向こうでは実際に新幹線が走っている。まごつくわけにはいかない。

「違うことは一切しません。いつもどおりの業務をやるだけ」と、北村指令長。しかし、数分間隔で高速走行する新幹線の運行管理だけに、そもそもいつもどおりの業務自体が簡単ではない。安全に予定通りに運行し、不測の事態が起きた際には影響を最小限にとどめる。そのための準備を怠らない。日本が世界に誇る新幹線を支える、乗客が気づくことのない裏側である。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT