日本株は「3勝9敗」でもちょっと買いにくい

「郵政売り」出し方針で「売り優勢」になった?

ここでの重要なポイントは、長期投資家の売買コストとされる200日線(17日時点では1万7052円)と株価の位置と、その2つ「かい離」である。通常、株価が200日線から大きく下に放れ、そのうえで「3勝9敗」であれば、これ以上の下値余地が限定的になるとみなされ、比較的精度の高い「買いタイミング」となる。しかし、今回は株価が200日線の上にあるなかでの「3勝9敗」だ。調整未了感が残り、ふたたび下落することも想定されるというわけだ。

日経平均の長期上昇トレンドは「上昇維持」

ただ、弱気も禁物だ。日経平均の200日線の方向性は上に向いている。これは「長期トレンドは上昇」を意味する。17日もほぼ全面安となったものの、東証1部売買代金が2兆円前後と低調にとどまったことは、むしろ好材料だ。東証の売買シェアの6~7割握る海外勢の売りが限定的との見方もできるからだ。

クリックすると日本テクニカルアナリスト協会のHPにジャンプします

20日にトランプ米次期大統領の就任式を控え、米国の行き過ぎた保護主義政策への警戒感が高まる。「押し目待ちに押し目なし」だった日本株も、サイコロジカルラインでは3勝9敗だ。

下げないと買えない年金マネーや日銀マネーの動きにあわせ、下がったところで拾うタイミングかもしれない。変な語呂合わせといわれそうだが、しばらくトランプとサイコロの動きから目が離せない。

さて、私が所属している非営利の団体・日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)では、「テクニカル分析について学びたい」という読者の方々のためにハンドブック(初級編①)を作成しました。前回大好評をいただいた基礎編に続く冊子です。無料で配布しておりますので、興味のある方は、NTAAのHPからぜひお申し込みください。なお、基礎編とあわせて2冊申し込むことも可能です。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT