グーグル、最新の自動運転システムを公開

月内に2つの州の公道で実験

 1月8日、米グーグルは、自動車連合フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と共同開発したミニバン「クライスラー・パシフィカ」に搭載されている最新型の自動運転システムを公開した。写真はロゴ、テルアビブで2011年1月撮影(2017年 ロイター/Baz Ratner)

[デトロイト 8日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>は8日、ミシガン州デトロイトで開幕する北米国際自動車ショーに先立ち、欧米自動車連合フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI><FCAU.N>と共同開発したミニバン「クライスラー・パシフィカ」に搭載されている最新型の自動運転システムを公開した。この技術は一段と信頼性が高く、低価格だという。

グーグルの関連企業として自動運転の技術開発に取り組むウェイモのクラフチック最高経営責任者(CEO)が発表した。 CEOによると、最新型の自動運転システムには、改良された視覚システムを含む新たなセンサーやレーダーなどを導入。「ライダー」と呼ばれるレーザーレーダーは90%のコストを削減した。1月中にカリフォルニア、アリゾナ両州の公道で走行実験を行う計画だという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT