グーグル、最新の自動運転システムを公開

月内に2つの州の公道で実験

 1月8日、米グーグルは、自動車連合フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と共同開発したミニバン「クライスラー・パシフィカ」に搭載されている最新型の自動運転システムを公開した。写真はロゴ、テルアビブで2011年1月撮影(2017年 ロイター/Baz Ratner)

[デトロイト 8日 ロイター] - 米グーグル<GOOGL.O>は8日、ミシガン州デトロイトで開幕する北米国際自動車ショーに先立ち、欧米自動車連合フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI><FCAU.N>と共同開発したミニバン「クライスラー・パシフィカ」に搭載されている最新型の自動運転システムを公開した。この技術は一段と信頼性が高く、低価格だという。

グーグルの関連企業として自動運転の技術開発に取り組むウェイモのクラフチック最高経営責任者(CEO)が発表した。 CEOによると、最新型の自動運転システムには、改良された視覚システムを含む新たなセンサーやレーダーなどを導入。「ライダー」と呼ばれるレーザーレーダーは90%のコストを削減した。1月中にカリフォルニア、アリゾナ両州の公道で走行実験を行う計画だという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。