次期駐日大使にトランプ氏が側近を起用へ

投資会社ハガーティー・ピーターソン創業者

 1月4日、トランプ次期米大統領(写真)は、ケネディ駐日米大使の後任として政権移行チームのウィリアム・ハガーティー氏の起用を固めた。2016年12月撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ次期米大統領は、ケネディ駐日米大使の後任として政権移行チームのウィリアム・ハガーティー氏の起用を固めた。政権移行チームの顧問が4日、ロイターに明らかにした。

5日付の日本経済新聞は先に、トランプ氏が間もなくハガーティー氏の駐日大使への起用を発表すると報道。移行チームの顧問はロイターに対し、報道内容を認めた。

テネシー州出身のハガーティー氏はトランプ氏の側近の1人で、移行チームでは政治任命ポストの人選責任者を務めている。投資会社ハガーティー・ピーターソンの創業者でもあり、ボストン・コンサルティング・グループに勤務していた時代には日本に数年滞在した。共和党のブッシュ前政権ではホワイトハウスのスタッフだった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。