次期駐日大使にトランプ氏が側近を起用へ

投資会社ハガーティー・ピーターソン創業者

 1月4日、トランプ次期米大統領(写真)は、ケネディ駐日米大使の後任として政権移行チームのウィリアム・ハガーティー氏の起用を固めた。2016年12月撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ次期米大統領は、ケネディ駐日米大使の後任として政権移行チームのウィリアム・ハガーティー氏の起用を固めた。政権移行チームの顧問が4日、ロイターに明らかにした。

5日付の日本経済新聞は先に、トランプ氏が間もなくハガーティー氏の駐日大使への起用を発表すると報道。移行チームの顧問はロイターに対し、報道内容を認めた。

テネシー州出身のハガーティー氏はトランプ氏の側近の1人で、移行チームでは政治任命ポストの人選責任者を務めている。投資会社ハガーティー・ピーターソンの創業者でもあり、ボストン・コンサルティング・グループに勤務していた時代には日本に数年滞在した。共和党のブッシュ前政権ではホワイトハウスのスタッフだった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。